So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

せきぜん渡船(2016中・四国旅行4) [2016中・四国旅行]

せっかく四国に来たんですが、半日も滞在することなく、今治から本州側に渡ろうと思います。

2016083001.jpg
四国から本州へ車で渡る場合、今いちばんメジャーなのはやはり「しまなみ街道」でしょうね。
また、松山から山口県の柳井まで行くフェリーもあるので、今夜は山口へ投宿しようと思う自分には、これに乗っていくのもありかと。

しかし、地図を見ていたら、今治のちょっと上にある「岡村島」から広島の呉まで、島々に橋がかかっていて車で行けることに気が付きました。
また、今治から岡村島までは「せきぜん渡船」という市営のフェリーが出ているようです。
2016083002.jpg

なんか、これに乗って本州に戻るの面白そう。
ちょうど今治12時発のフェリーがあるのでそれに乗ろうと思います。

しかし、西条から今治まで予想以上に時間がかかってしまい、港についたのが出航10分前。ところが、着いたところの事務所はみんな閉まっていて、新しくできた黒い船みたいな建物に事務所が移りました、みたいな張り紙が。
慌てて新しい建物の1階に駆け込むと、自販機と窓口があったので、窓口の人に「岡村に行きたいんですけど、切符どこで買えばいいんですか?」いうと、ここですよ、と。

出航5分前。
間に合った・・・
IMGP4551.jpg
ここではじめて写真。

10日ほど前の7月末に、「はーばりー」という新しい建物がオープンしたそうです。

船へはバックで積み込みます。
P1220100.jpg

車10台分くらいが乗ったらいっぱいになっちゃう小さい船です。
フェリーっていうから子どもたちはどんなものを想像していたんでしょうか。
IMGP4554.jpg

自分より後に乗ってきた車もあり、12時10分くらいに出港しました。
天気も良く、気持ちいい船旅です。幸せな気分。
IMGP4556.jpg

しまなみ海道の来島海峡大橋です
IMGP4561.jpg

このフェリー、水面が近い。
子どもたちも楽しそうに海風に当たってました。
IMGP4566.jpg

橋の下をくぐります。
IMGP4570.jpg

この上を自転車で走るのは怖い気がします(@高所恐怖症)
IMGP4574.jpg

このあと、少し船内で仮眠。
起きたら最初の寄港地の大下島に入港するところでした。
IMGP4576.jpg

この島から郵便屋さんや看護師さん(保健師さんかも)も乗ってきて、生活の足なんだな、と実感します。
IMGP4580.jpg

出港するとすぐ隣の小大下島の近くを通ります。
海沿いにツタ?でびっしり覆われたタンクが立っていました。
かつて石灰岩の採掘が盛んで、工場の跡だそうです。
IMGP4582.jpg

これは港に停泊中、船から撮ったもの。
船から降りて散策してみたい島です。
IMGP4583.jpg

そして、目的地の岡村島へ。
IMGP4587.jpg

1時間20分の船旅も終わりです。
船内でまとまって寝れるかと思ったんですが、ほんの15分ほどしか寝れませんでした。景色良くて・・・
P1220101.jpg

さて、このフェリーの時刻表を見たときは、今治からまっすぐ岡村港に行ってくれればいいのにな、なんて思ってしまったんですが・・・

途中経由していた大下島、下大下島と、この岡村島の3島を「関前諸島」といって、かつてはこの3島で「愛媛県関前村」だったそうで、乗ってきたフェリーはかつて村営フェリーの路線だったもの。
P1220103.jpg
ここも平成の市町村合併で、近隣の12自治体が合併して今治市になったので、フェリーも市営のフェリーということになったそうです。

いろいろwebサイト見て興味が湧いてしまい、この島もゆっくり見て回ればよかったな、と思うんですね。地域おこしで移住してきた人が開いたカフェもあって、ちょっと寄ってみてもよかったかな、とも思ったりします。行く前に気づけば良かったんですけどねぇ。

(参考)
今治市地域振興課 市営渡船の運航
http://www.city.imabari.ehime.jp/chiiki/tosen/
きないやせきぜん(バナーも貼ってみました)
http://sekizenweb.com/

愛媛県離島振興計画
https://www.pref.ehime.jp/h12900/keikaku/documents/2603ritoukeikaku.pdf

ということで、これから広島に向けて車を走らせます。
IMGP4589.jpg

(つづく)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

讃岐うどん(2016中・四国旅行3) [2016中・四国旅行]

※今回の旅行記も記事数が増えそうなので1カテゴリー作りました※

四国に入りました。
不思議な山の形に興味津々です。
P1220086.jpg

高松道、大野原で降ります。
横浜町田から11,480円でした。(瀬戸大橋含む)
四国に来たのは讃岐うどんを食べるためですからね。香川県のうちに下道に降りないとね。
P1220089.jpg

国道11号線を西へ向かい、箕浦という小さな駅に着きました。
隣に朝からやっているうどん屋さんがあるんですが、この日は休みでした。
IMGP4536.jpg

目の前は海。
IMGP4532.jpg

特急電車が慌ただしく通過していきました。
IMGP4534.jpg

このあたりにはもう1軒うどん屋さんがありますので、こちらの武蔵さんへ。
駐車場も大きいし、お店も広くて、子連れでも安心。
IMGP4543.jpg

すぐに注文できなくて、みんなで数分考えたあと、
「月見ぶっかけ・小」「ざるうどん・中」「肉うどん・中」「ひやかけ・中」を頼みました。
注文して、ゆでたうどんを受け取って、ぶっかけは自分でつゆをかけて、ネギと揚げ玉をのっけて、レジで支払いですね。
写真は一番の食いしん坊の娘が頼んだ肉うどん。肉がすごい。これにすればよかったな。
IMGP4537.jpg

自分はあまり食べすぎて眠くなると困るので、ひやかけ+とり天。
暑い日に「ひやかけ」はおいしい。
でも汁まで飲むなら暖かいうどんの方がいいなと思いました。
IMGP4538.jpg

さて、初のさぬきうどんも無事終了し、西へ向かいます。
すぐに香川県は終わってしまって、愛媛県へ。
P1220093.jpg

休憩がてら立ち寄ったのは伊予西条駅。
IMGP4549.jpg

子どもたちには「四国鉄道文化館」を見に行ってもらいます。
IMGP4546.jpg

中にはDF50が展示されています。さりげなくタブレットもぶら下がってるし。
IMGP4545.jpg

ここはちょっとだけ見て出発。
今治へ向かいます。
P1220097.jpg

(つづく)
nice!(45)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

与島さんぽ(2016中・四国旅行2) [2016中・四国旅行]

横浜から走ってきて明け方到着した与島PAですが、結局一睡もできぬまま朝を迎えてしまいました。全然眠くないんです。

自分が寝ようと努力している間、子どもたちだけでPAの中を探検したようですが、瀬戸大橋を渡る電車の時刻表を見つけたようで、「7時にサンライズが通るから見よう」と言っています。

PAの脇に、集落へ通じる小路を見つけたので散歩してみます。
まずは瀬戸大橋の真下をくぐります。
かなり仰々しい構造物です。
IMGP4508.jpg

坂を下りていくと家々の間を通る細い道になります。
石積がいい雰囲気を出してます。
IMGP4511.jpg

海と橋が見えてきました。
IMGP4512.jpg

どどーん!
IMGP4513.jpg

対岸はもう四国なんでしょうか。石油精製工場のようなものが見えます。
なんか波音もほとんどしない、湖のような静かな海でした。
IMGP4519.jpg

海沿いにしばらく歩いてみます。
IMGP4515.jpg

島の上に乗っかってるのを見ると、あらためて大きな橋だなと思います。
IMGP4522.jpg

島の反対側、キレイに輝く海が見え、ここで折り返しました。
IMGP4523.jpg

この島ですが、明け方だからか、蟹さんがたくさん歩いてました。
それも、猿蟹合戦に出てきそうな真っ赤なカニ。子どもたちはこんな大きさのは見るの初めてです。
ハサミへの恐怖心もあったし、結構すばしっこくてなかなか捕まえられませんでした。
IMGP4510.jpg

しばらくカニと戯れて、PAに戻ります。
IMGP4528.jpg

7時過ぎにサンライズ瀬戸号が通過していきました。
この写真からでは何の電車かわかりませんが、それと分かればいいんでしょう。
IMGP4527.jpg

島も見て、電車も見たのでクルマに戻って出発。先に進みます。
PAを出るとETCゲートがあり、そのあと、分岐があります。
P1220082.jpg

先ほど見ていた瀬戸大橋に乗ります。
いよいよ四国です。
P1220083.jpg

(つづく)
nice!(47)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クルマ旅スタート!四国へ(2016中・四国旅行1) [2016中・四国旅行]

お盆休みというと、多くの会社が休みになるだけではありません。
子どもたちの夏休みの行事も、そこだけぽっかり空いています。
そんな中、自分だけ出かけてしまうのもなんとなく気が引けてしまいます。

で、お盆の間空いている下3人の子どもたちに、どうしようか?と聞いてみたところ、まあ好き勝手いろいろ言うんですが、その声を集約すると、だいたいこんな感じになりました。

「海行きたい」
「蒸気機関車に乗りたい」
「四国に行ってみたい。うどん食べたい」

ということで、この3つをかなえた後に、九州のおじいちゃんちに寄って帰る、という旅程が完成です。自分の頭の中の地図でこう行ってこう行って、という感じですね。
-------------
これまで九州へは7回車で行っていますが、1回帰りにフェリーを使った以外は、九州までは直行直帰だったんですよね。
でも、今回はまっすぐ行かないでもいいんです。

それって、なんかすごく自由な感じ。
地図を見ながらワクワクしちゃいます。

ということで、「○○旅行」と一言で言い表せない、数日間のクルマ旅スタートです。
-------------
今回は自分と子どもたち3人。7人乗りの車に4人だけなので、荷物も無造作にぼんぼん積み込んで、9時過ぎに横浜町田ICから東名に入ります。
P1220036.jpg

新東名だと速く走れるかと思いましたが、平日の夜、トラックが多くて、結局大型車の時速90kmペースでしか流れません。
P1220045.jpg

浜松いなさからは今年開通した区間に入ります。
浜松いなさまで2時間半、豊田JCTまでは3時間10分ほどかかりました。
P1220053.jpg

伊勢湾岸道からは流れもよくなって、1時半に甲南PA。
やっぱりトラック多い。
IMGP4474.jpg

横浜町田から5時間で吹田JCT通過。
P1220067.jpg

途中の三木SAで3時過ぎに給油、4:20、倉敷から瀬戸中央道に入ると空が少し白み出します。瀬戸中央道を走るのは初めてです。ワクワクします。
IMGP4482.jpg

4:45 ついに瀬戸大橋!
IMGP4483.jpg

少し色付きだした瀬戸内海を見ながら、瀬戸大橋の途中の与島PAに入り仮眠とします。
IMGP4502.jpg

このPA、広くて止まってる車も少なくて、仮眠にちょうどいいと思ったんですが・・・
IMGP4496.jpg

こんなキレイな橋見たら眠気なんて吹っ飛んじゃいますよ。
IMGP4494.jpg

IMGP4501.jpg

電車も通ってるし。
IMGP4503.jpg

一睡もできないうちに日が昇ってきちゃっいました。困ったな・・・
IMGP4506.jpg

(つづく)

nice!(51)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ツーリングマップル中国・四国 [2016中・四国旅行]

新しい地図を買いました。
今年の夏は子どもたちとクルマ旅に行ってきます。
暑い日々が続くようですが、車ですからね。
自転車でもキャンプでもないので、深夜の長距離運転を除けばとても気楽。
久々にがっつり走るぞ!と楽しみでもあります。
DSCF5955.jpg

さて、やっぱり新しい地図を買うと、今回の旅行とは関係なしで、いろいろ自転車で行ってみたいところを見つけてしまいます。
厳密にいうと二十数年前にも中国四国版を買ってます。
四国には走れるダートがまだまだたくさん残ってるようです。
剣山スーパー林道ってまだダートなんだ!
でも・・・
DSCF5956.jpg
生きているうちに走れるんだろうか?とふと思ってしまった。
若い頃は「また行けばいいや」なんて思っていたんだけど。
仕事とか子どもの世話とかしてる場合じゃないでしょ!とちょっと焦ります。
何と何を天秤にかけてるのかよくわかりませんが・・・あはは。

nice!(65)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

先月のサイクリングまとめて 201607 [自転車(ロードバイク)]

関東も梅雨明けして暑い日々が続いてますね。
暑いので涼しい朝のうちに走ろうと思っていたんですが、起きたのは10時過ぎ。
こんなんじゃもう自転車無理です^^;;;;;;   
        ↓
201608071200-00.jpg

ということで、涼しい部屋で冷たいコーヒー飲みながら、先月の記録を。
--------------------------------------------------------------------------
7/10 横浜→逗子→江ノ島
午後からバーベキューの予定なので、午前中サイクリング。
こんな暑いときにバーベキューなんて(笑)

まずは横浜の港の方に行って、R357を南下していきます。
朝からずいぶん飛ばしている人が多いので、つられてペースが上がってしまいます。
DSCF5805.jpg

どこの漁村かと思う風景ですが横浜市内の端の方。
DSCF5809[1].jpg

ロックアイスを買ったけど氷がでかすぎてボトルに入らないorz
結局これはドライバーでかちわって入れました。
DSCF5813.jpg

逗子はもう夏の海でした。
DSCF5817[1].jpg

片瀬西浜。
子どもたちが小さいころはよく来ていたんですが、角島に行くようになってからここの海に入ってくれなくなってしまいました。
ここでちょっと日に焼いて帰りました。
DSCF5826.jpg

78km 24.5km/h
横浜港800→追浜900→逗子1000→片瀬1045
-------------------
7/17 宮ケ瀬へ
DSCF5836[1].jpg
空はどんよりしてましたが、雨は降らなそうなので走りに。

厚木から相模川沿いの道を北上してすぐ、ヒマワリが咲いているのを見つけました。
単なるトレーニングだと思っていたので、嬉しい誤算。
DSCF5845[1].jpg

DSCF5837[1].jpg

DSCF5844[1].jpg

このあと宮ケ瀬まで行って帰りました。
DSCF5848[1].jpg

98km 24.8km/h
自宅1130→あゆみ橋1225→鳥居原1400→自宅1630
----------------------------
7/18 いつもの海
夕方4時に出て、さくっと2時間半ほど。
冬の海とは違う、もやっとしたけだるい雰囲気も悪くないです。
50km 23.8km/h
DSCF5865.jpg

----------------------------
7/24 山中湖
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2016-07-28
DSCF5898.jpg

----------------------------
7/30(※日付修正しました) いつもの海

この週末、小学生一人連れてカミさんが南アルプスの北岳に登りに行きました。
山小屋で泊まりあわせたおっさんに「旦那は何をしてるんだ?!」と聞かれたそうです。
ほかの子の世話してますけど。

で、朝5時、こんな写真付きのメールが。
!160731_.jpg
二度寝しようかと思ったんですが、こんなん見てしまったし、外はキレイな青空なので、もう眠れません。
まだ寝ている子どもたちに、

「9じまえにはかえります。おなかがすいてたらごはんたべてて」

と、置き手紙をして出かけます。世話は放棄(笑)

朝6時半の静かな八幡宮。こんな時間に見ることないので新鮮。
DSCF5922.jpg

涼しいうちのサイクリングはいいですね。
海も静かです。
DSCF5926.jpg

DSCF5935.jpg

DSCF5937.jpg
50km 26.0km/h

結局8時過ぎに帰って朝ご飯。
道路も空いていたし、海辺をダラダラあるいたりしなかったのでこの日はずいぶん速く走れました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<おまけ>
こうも暑いと、ちょっとした保冷ボトルでは飲み物がすぐにぬるくなってしまいます。
ステンレスのボトルはあるんだけど、高いしなぁ、と思って探してみたものがこれ。
DSCF586.jpg
ケーヨーD2の保冷ボトル(片手でふたが開けられるもの)+キャンドゥのペットボトルホルダー。合わせて700円ほど。ちょっと太めの保冷ボトルにホルダーを組み合わせるとちょうどボトル差しに合うし、氷もかなりの時間溶けずに残っていてくれてます。
ちょっと重いのが難点ですが、暑いの苦手なので、冷たい氷水が飲めるのは嬉しいですね。


nice!(66)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

夏が来れば角島が・・・ [ひとりごと]

梅雨明け!


(今日は雑文です)

このブログには、参考までにページランキングっていう、最近どのページがよく見られているかというブログパーツを付けています。
だいたいは直近に更新したページが上位にいるんですが、夏が来るとランクアップしてくる記事があります。

2016071601.jpg
角島大浜海水浴場
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2010-08-31
寝台券を手配する話(記録も兼ねて)
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2014-04-18

この2つ。

お日さまがギラギラしてくると、ページランキングが上がるだけではなく、やはり角島行きたくなりますね。
ということで、子どもを味方につけてちょっと企んでるところです^^

<おまけ>
角島のまとめサイトみたいなもの
   ↓
RETRIPさん
https://retrip.jp/articles/52437/
2016071603.jpg

JOYTRIPさん
http://joy-trip.jp/41076
2016071602.jpg

紹介させていただいたこの2つのサイトですが、自分の写真を転載していただいています。
もちろん無断転載ですが(笑)
リンクが張られているのでこちらから来る人もいるのかしら・・・?
nice!(67)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

山中湖往復 201607 [自転車(ロードバイク)]

子どもたちが入っているサッカーのチームですが、毎年夏に山中湖で合宿があります。
で、去年、山中湖まで走った折、グランドに様子を見に行ったところ、

「今年もきて。自転車で来て。」と。

片道90km、車で行っても2時間はかかる場所なのに、子どもってのはずいぶん気安く言うもんだなと思いますが、幸いにして天気も体調も悪くないので、じゃあちょっと山中湖まで見に行ってくるか、と。
(・・・でも100キロ以上は走りたくないなぁ)

ということで、早朝出発しようと思ったんですが・・・ぐずぐずしていて結局家を出たのは6時前。
それでも、涼しい日曜の朝、車も少なくて走りやすいです。
用田→伊勢原→R246で松田までちょうど2時間と、そんなに「力走」したつもりではありませんが、いいペース。
DSCF5869.jpg

小山町の県道に入ると、富士山に向かって走るようになります。
去年は富士山が隠れていたので、こんな魅力的な登りだとは思いませんでした。
DSCF5880.jpg

DSCF5884.jpg

県道150号
DSCF5885.jpg

登りの時はほかの人を追い越すことはなく、何人も自分を追い越していきます。
小山9時→R246古沢交差点9:40→須走10:20と通過し、
DSCF5887.jpg

10:55篭坂峠を経て、11時過ぎ、山中湖畔に着きました。ここまで約90km。
DSCF5898.jpg

気温は20度を下回るくらい。まだ見頃なあじさいがありました。
DSCF5900.jpg

お昼はセブンイレブンの富士吉田うどんです。少し茶色いコシのある太麺。
DSCF5901.jpg

さて、子どものサッカーを見て帰路につきます。
山伏峠14:30
DSCF5903.jpg

あとは楽しい道志みちの下り。
DSCF5904.jpg

DSCF5908.jpg

いつも気になる「スクール」
DSCF5909.jpg

ちょっと横道にそれてみたんですが、こんな立派な茅葺屋根の民家がありました。
DSCF5911.jpg

青山交差点15:45。峠から40km弱ありますが、1時間15分ほどで到着。
DSCF5912.jpg

ここから厚木方面へひと山超えた先にあるセブンイレブンの敷地内に出店している「津久井城釜揚げうどん」で腹ごしらえです。200円。おだしがおいしい。
DSCF5913.jpg

この日は弱い北風。
小倉橋から川沿いの道を南下。走行距離は150km超えているのに、まだ足が残っている感じ。時速30km以上で順調に走って行きます。
DSCF5916.jpg

丹沢の山々に差す光がキレイでした。
DSCF5919.jpg

帰宅18時半
この日 180km 23.3km/h

久しぶり長い距離を走りましたが、風向き(道志みち以外はほぼ弱い追い風)や気温の低さに助けられて、去年と比べて割と楽に走ることができました。
nice!(50)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

先月のサイクリングまとめて 201606 [自転車(ロードバイク)]

このブログの更新頻度からお判りのとおり、マメに記録を残す方ではないので、サイクリングの記録も「月刊」状態になってしまっているんですが、先月(つまり5月分)書きながら「来月はこれ書こう!」と思っていたことがまったく思い出せません。まあその程度の内容なんでしょうけど。

ということで、記録を兼ねてまとめて。
----------------------------------------------
6/11 開成町あじさい祭り
ステロタイプではありますが、6月というとあじさい。
鎌倉のあじさい寺とか、登山電車なんかが有名ですが、大井松田の近くの開成町であじさい祭りというのをやっているのを見つけて行ってみました。

横浜市内から用田を抜け、伊勢原からR246へ。
なかなかの好天ですが、善波峠からの富士山は見れませんでした。
IMGP4427.jpg

2時間ほど走って会場へ。
IMGP4428.jpg

田んぼのあぜ道にたくさんのあじさいがこんな感じで植わっています。
IMGP4452.jpg

IMGP4441.jpg

コンデジで無理やりボケ作ってみましたがこんなもんですかね・・・
もうちょっとしっとりした日の方が雰囲気出るよな。
IMGP4436.jpg

会場の中に咲いていたヒマワリ。
こちらの方が青空に合ってるな。
IMGP4433.jpg

ということで、あじさいを見に行ったんですが、あじさいって、なんかわざわざ見に行かなくてもいいんじゃないかと思いました。
このあとは、大雄山を抜けて小田原へ。小田原からは江の島まで海沿いを走って帰りました。
IMGP4457.jpg
割と早く家に帰ったので、そのあとプールに行ったんですが、ちょっと泳いだだけで足がぱきぱきに攣ってしまいました。ミネラル不足も足が攣る原因だそうなので、ちゃんとスポドリ飲んだ方がいいのかな、と思いました。

この日、117km 平均23.9km/h

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6/26 道志ダムへ
100キロ以上は走ろうかな、と、普段あまり行かない山の方へ向かってみました。
橋本からR413で三ヶ木を通って、相模湖ピクニックランドじゃなくてプレジャーフォレストの向かいの細い道を左へ進みます。三ヶ木まで約2時間かかり、11時通過。
DSCF5685.jpg

あじさいなんて、わざわざ見に行かなくてもいいんじゃないかと思った。
DSCF5690.jpg

まっすぐ進むと牧馬峠の「激坂」なんですが、ここは「青根」方面へ。
DSCF5696.jpg

地図上もどこかに抜けられそうな細い道が分岐していたので、そちらを登って行ってみましたが、結局県道藤野山北線の藤野に近い方(それもだいぶ近い方)に抜けていただけでした。
DSCF5697.jpg

気を取り直して、「やまなみ温泉」の前を過ぎて、雰囲気が良くなる県道を進みます。
DSCF5702.jpg

熊ちゃん出たらしい。
DSCF5703.jpg

DSCF5710.jpg

谷間に古いダムが現れます。12:45
DSCF5715.jpg

道志ダム。昭和30年にできたそうです。いい雰囲気。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f8018/p11505.html
DSCF5719.jpg

このあと、ダム近くの温泉で汗を流し、また汗をかきかき道志みちを帰ります。青山交差点までは約30分。
DSCF5725.jpg

R412沿いのコンビニ敷地内に出ているうどん屋さんでうどんをいただきました。200円。
DSCF5728.jpg

厚木へ抜けて走りなれた道を帰宅。帰りは3時間ほどでした。
DSCF5729.jpg
この日 116.5km 21.6km/h
---------------
<おまけ>
突然ジョギングを始めました。

会社でちょっと話題になって、自分ももしかしたら走ったら走れるのでわ?と思ったり、子どもたちに全く歯が立たないのでなんとかしなきゃと思ったり、自転車乗ってても将来の骨密度はよくならないんじゃないか、とか、いろいろ思うところがありまして、重い腰をあげて始めてみたところです。
子どもの頃から持久走とかマラソンとか大嫌いで、高校を卒業して以来200m以上の距離を走ったことがなかったので、走れるかどうか不安でしたが、なんとか4kmを走れまして、その後三日坊主にもならず、一応週1~2回のペースで続いています。

しかし、自転車がいかに楽な乗り物か、改めて実感。

nice!(61)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

丹沢表尾根ハイキング [お出かけ]

もう二十数年前の話ですが、信州のどっかの峠道を走りに行こうと、輪行袋を担いで中央東線の「441M」という夜行の鈍行列車に乗り、明け方小淵沢駅のホームに降りたところ、偶然高校の同級生に会いました。大学の山岳系のサークルに入っていた彼女、これから八ヶ岳に登りに行くとのこと。自分はこれから○○峠に行くんだと話したところ、

「うちら、峠はスタート地点だからね」

と。
別に向こうも自転車乗りをけなすつもりはなく、こちらも劣等感とかそういう感じではないんですが、早朝の薄暗いホームで聞いたその言葉がすごく印象的で、いまでもそのシーンとともに忘れられないんですね。そのコのことが忘れられないわけじゃないんですが(それはどうでもいいか)。

--------------
で、やってきたのは、ロード乗りの皆さんが大好きなヤビツ峠です。
名古木交差点からのタイムは約30分でした。
DSCF5735.jpg
さすがバスは速いというか、ここを自転車で30分台で登る人って速すぎ。
バスは登りの追い越しだけでなく、コーナーの先に降りてくる自転車を見ると、手前で止まって待ってたりして、相当気を遣っているようでした。

ここから、標高1490mの塔ノ岳を目指す表尾根縦走コースを歩きます。
コース案内はこちら
http://www.kankou-hadano.org/hadano_mountain/mountain_o2js.html

この夏、南アルプスのどっかの高い山に登るカミさんがトレーニングがてらちょっと山に行くのでついて来いと言われ、夏の丹沢なんか暑いしヒルも出そうでやだなと思いつつ、たまには骨に重力かけないとな、と、きちんとヒル剥がしの食塩持参でついていったところです。
実は夫婦で山歩きなんて新婚旅行以来だったりしまして、ようやく子供たちを放置して二人で山に行けるようになったのか・・・とちょっと感慨深いところがあります。ちょっとだけですが。

最初20分ほど裏ヤビツの舗装路を歩いた後、山道へ。
登りの途中で振り返ると大山がきれいに見えます。
DSCF5743.jpg

が、二ノ塔から先は雲の中に入ってしまいました。展望も何もありません。それに強い南風。
トレーニングですから、とおしゃべりしながら淡々と歩きます。
歩きは話ができていいですね。何を話したか全く覚えてないんですが。
DSCF5755.jpg

鎖場もあります。ちょっとだけですが。ここは下ります。
DSCF5776.jpg

こんなところもあります。道はよく整備されてます。天気のいい春秋は人がすごいんでしょう。
DSCF5777.jpg

白い花がたくさん咲いていました。
DSCF5780.jpg

幻想的な森の中の散歩道(?)って景色も悪くない。
コースは登ったり下ったりなので、大山の直登と比べるとあまり疲れない気がします。
DSCF5785.jpg

バス停から3時間半ほどで塔ノ岳に着きました。もちろん展望はありません。
この日、下界では35度くらいまで気温が上がったそうですが、ここは別世界。休憩中はレインウェア着てないと寒いくらいでした。
DSCF5791.jpg

サクッとお昼を取って、大倉尾根を2時間半ほどかけてバス停まで降りていきました。標高差は1200mほど。
この尾根、「バカ尾根」って呼ばれるそうですが、由来はよくわかりません。
DSCF5794.jpg

帰りの小田急の渋沢駅から見ると、雲は少し取れてますね。あはは。
DSCF5802.jpg

というわけで、久しぶりの夫婦でのハイキングは終了。
やっぱり山歩きは下りはきついなー。
これくらいなのに、下る途中で膝は痛くなるし、1時間も降りてると飽きてきちゃって。
そこが克服できないと山歩きは厳しいな、というところでした。

nice!(57)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -