So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

サンライズ瀬戸 [電車]

高松からは夜行列車で帰ります。
横浜着は7時前、9時間ちょっとの旅路です。
IMGP5711.jpg

かつてはたくさん走っていた夜行列車、自分も数多くお世話になってきたんですが、今定期列車として残っているのはこの「サンライズ瀬戸・出雲」だけのようです。夜行バスは流行ってるみたいなんですけどねぇ。
なので、一度は乗っておかないと。
IMGP5707.jpg

暖色系の色合いから昼間の特急電車のような感じがします。「サンライズ」ですからね。
IMGP5708.jpg

ちょっと寝台のお部屋を覗かせていただきました。
IMGP5698.jpg

が、自分が乗るのはこちら。
「ノビノビ座席」
座席の指定席扱いなので、料金は特急料金+約500円程度。
IMGP5702.jpg

各席(?)ごとに毛布が備え付けてありました。
カーペット敷きですが、そこそこ硬い。
IMGP5701.jpg

窓際にはカップ受けがついた小さなテーブルがあります。
IMGP5705.jpg

流れるホームの灯を見ながらの汽車旅もいいもんです。
このあと坂出からは隣のスペースにおっちゃんがお酒持参で乗って来まして、年数回これに乗って東京に行くんだ、乗り換えが楽だし朝から丸1日使えて便利だ、ということを話してくれました。
IMGP5717.jpg

海の上を走る。
IMGP5725.jpg

月が出てきた。
IMGP5730.jpg

岡山で10分ほど停車時間がありました。
IMGP5733.jpg

今晩のショータイム。
みんな連結するとこ見るの好きね(笑
IMGP5741.jpg

さて、このあとは爆睡してしまい、気が付いたら外は明るくなってました。
電車は1時間以上遅れていて、熱海から新幹線への乗換の案内を車掌がされていました。

根府川の海。
IMGP5748.jpg

朝の電車の本数の多い時間帯にかかっちゃうから進まないんじゃないかなと思ったんですが、小田原から茅ヶ崎まで貨物線を走っていました。ふだんもそうなのかはちょっとわかりません。
IMGP5753.jpg

こうして朝8時前、横浜着。

夜行列車としての風情はあまり感じられなかったな、というのが正直な感想。でもこれはこれでありだと思います。

高松 [お出かけ]

所用で四国へ。
高松に立ち寄りました。といってももう夜・・・
IMGP5634.jpg

まずは腹ごしらえ。
櫛状のホームの根っこのところ(改札内)にうどん屋さんがあります。
その名も「連絡船うどん」。
IMGP5635[1].jpg

ホームを見ながら肉うどんをいただきます。しっかりと讃岐うどんです。
IMGP5637.jpg

ここ、駅の外からもアクセス可です。
IMGP5642.jpg

さて、少し散歩することにしましょう。
近代的な佇まいの高松駅。駅前では何組か路上ライブをやっていました。
IMGP5644.jpg

駅を出たすぐのところにもうどん屋さんがありました。
IMGP5645.jpg

琴電の高松築港駅。電車は京急のっぽいですね。
IMGP5648.jpg

石垣に沿って歩いてみますが、人も少なく寂しい感じ。
IMGP5650.jpg

IMGP5655.jpg

フェリーがやってきました。
IMGP5668.jpg

ネオン管輝く看板がいい感じです。
IMGP5659.jpg

雰囲気いいなぁ。
海は静かだし、船で来ればよかった。
IMGP5671.jpg

ママチャリとか原チャで乗り込む感じがいいですね。
IMGP5676.jpg

トラックも積み込みます。
IMGP5678.jpg

本日の最終便、出港。
ネオンも消えました。
IMGP5684.jpg

とりあえず駅に戻るか・・・

L200ミラターボ 満25年 [ドライブ@ミラL200S]

IMGP6287.jpg
12回目の車検も無事終え、この車も満25年となりました。
ついに「四半世紀」を経過しました。
距離は217,900km・・・メーターに10万キロの桁がありませんが笑
DSCF6830.jpg

旧車といえるほど古い車ではありませんが、部品の欠品も目立ってきたので、車検に出すときも、どこかおかしいところはないか、ちゃんと直るんだろうか、と冷や冷やしましたが、無事車検も通ったので、とりあえずあと2年乗れるな。

思えば、10年経過した頃、この「古い」車のトラブル集などのwebページを立ち上げて、web上にプライベートを切り売り(?)してから15年。いつの間にか、webサイトを立ち上げる前の年数よりもそれ以後の方が全然長くなってしまいました。

--------------------------------------------------------------------
<過去記事から>
前回車検時(13年目)の記事(2015年2月)
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-03-01

ミラターボ 満20年(2012年2月)
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2012-02-26-1

みんカラ「古い車を直して乗っていくこと<メモ>」
http://minkara.carview.co.jp/userid/470469/blog/35091411/
※こんな古い軽自動車に維持費かけてどうなんだろ?思う自分を納得させるために書いた駄文

20万キロ到達時(旧ブログ:2009年10月)
http://expreso.seesaa.net/article/131795584.html

河津桜を見に行く 2017年(2) [花・木]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2017-02-21の続き。
河津から下田まで自転車でやってきたはいいんだけど、リアのシフトケーブルが切れてしまいました。
気を取り直しておいしい魚を食べて、お腹は満たされたんですが、壊れた自転車が治るわけではありません。
STIレバーの中には切れて残ったケーブルの「ヒゲ」が残っています。
IMGP6212.jpg

後のギアは一番重いところに固定されてます。それで走れないこともないし、切れたケーブルをフレームのどこかに縛って、少し軽めのギアに固定すれば何とかなるんじゃないかな。車まで約20km、自転車を押して歩いても日が暮れる前には車に戻れそうなので、とりあえずシフトケーブルを売っているようなお店を探して町を彷徨っていたら、駅の西側に1軒の自転車屋さんを見つけました。
ママチャリのパンク修理をお願いするような昔ながらの小さな町の自転車屋さんで、おじいさんが一人ストーブに当たって店番をしています。

こんなお店にはないだろうな・・・

と思いつつ、ダメ元でお店に入って、シフトケーブルありますか?と聞いてみます。

すると店主の?おじさんが出てきて、自転車を見て「パナソニックのチタンだ!」と嬉しそうに言い、店の奥の方の段ボール箱を探し出し、なんとシマノのケーブルを探し出してくれました!
作業もお店にお願いしましたが、「頭が出てこない」と。
ケーブルの切れたヒゲがSTIレバーの歯車に複雑に絡んでいてなかなか抜けず、千枚通しやラジオペンチを駆使して格闘の上、ようやくケーブルの頭を捕獲。こんなところ切れるとは・・・
IMGP6215.jpg
そのあとケーブルを張ってシフトの調整も完璧にしてもらいました。

お店でおじさんと、店番をしていたおじいさんと雑談。
要旨は(←復命書のようで申し訳ないですが)・・・
昔のWレバーならヒゲが引っかからないからすぐ直せるんだけどね。パナソニックのロードが好きで、カタログは毎年メーカーからいただいている。やっぱりレーシングカラーがいいね。ここは駅に近くていろいろな人が来るので、一応700cのタイヤもあって、あまりお金も持ち合わせていないだろうから安いタイヤを用意している。伊豆半島の南の方で700cあるのはうちくらいではないか。伊豆半島は坂が多くて嫌になっちゃう人もいるだろうから、電車で帰れるように輪行袋も用意している。などなど。。。

思わず話し込んでしまいました。
名残惜しいですが、お店をあとにします。「また顔出してくださいよ」と気持ちよく送り出していただきました。こういう素敵な出会いも旅の醍醐味だよね。

日暮れの時間も気になるので、みなみの桜はあきらめて河津に戻ります。
帰りは内陸のR414で。山あいの田舎道です。
IMGP6224.jpg

河津下田道路という自動車専用道を作っているようです。国道もガラガラなのでそれを拡幅すればいいんじゃないのと思っちゃいますが。
IMGP6225.jpg

軽い峠越えがあります。
下り坂の途中にもきれいな河津桜がありました。
IMGP6228.jpg

河津に戻ってきました。
午後は雲が取れて、午前中よりきれいに見えます。
IMGP6233.jpg

IMGP6239.jpg

IMGP6242.jpg

IMGP6247.jpg

IMGP6249.jpg

あっという間に山の陰になってしまいます。
去年と同じく、桜のトンネルを走り抜けて北上し、車に戻ります。
IMGP6255.jpg

こちらはループ橋の下の立派な桜。
IMGP6271.jpg

ループ橋がある河津七滝を出たのが17時前。
伊豆スカイラインに上がる頃には日も暮れてしまいました。
街がキラキラできれいだけど、山の上は風が強くて寒い!車の窓を開けてさっと写真を撮るだけしかできませんでした。
IMGP6284.jpg

IMGP6289.jpg


河津桜を見に行く 2017年 [花・木]

今年もまた花見の季節がやってまいりました。というか河津桜の季節ですね。あまり色のないこの季節、満開の知らせを聞くとついつい見に行きたくなってしまいます。
去年は日曜日に見に行ったところ激しい渋滞にあってしまいちょっと懲りたので、今年は平日に時間を作って河津まで行ってみました。

河津まで自宅からロードバイクで約140km自走して、輪行で帰ってくるというのも考えましたが、足の調子や現地に着く時間を考え、車で行くことにしました。
西湘バイパス→真鶴道路→熱海ビーチラインと、休日は混みそうな海沿いを進み伊豆多賀まで2時間。
IMGP6149.jpg

そこから修善寺まで山越えをし、さらに天城トンネルを超えて1時間、湯ヶ野の駐車場にデポしてそこから自転車です。
IMGP6162.jpg

見事に満開です。
IMGP6195.jpg

IMGP6170.jpg

IMGP6178.jpg

IMGP6182.jpg
やはり駅に近くなると混んでます。自転車を押せるくらいなので、まだましなんでしょうけど。

さて、せっかくロードで来ているので、少し走ろうと思います。
下田を抜けて、南伊豆町・下賀茂温泉の「みなみの桜と菜の花」も見に行こう、という、贅沢なサイクリングの予定。
下賀茂の「みなみの桜」ですが、この前見に行った気がしてたんですが、もう6年前でした。
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2011-03-08
自分のブログで検索してわかりました(笑)。自分の記憶って曖昧なんだな。

R135を南下します。伊豆半島の海岸線はアップダウンが多くてちょっとたいへん。
IMGP6191.jpg

きれいな海が望めます。
IMGP6200.jpg

白浜海岸。
ここは夏に来たことはないので、残念ながら「若かった頃の」思い出はないんだなぁ笑
IMGP6201.jpg

IMGP6205.jpg

と、調子よく走っていたら、後ろのギアが変わらなくなりました。
どうやらシフトケーブルがハンドルのところで切れてしまったようです。ケーブルが切れると一番重いギアに固定されてしまいます。替えのケーブルなんて持ってないし、困ったな。

とりあえずチリチリと音を立ててゆっくり走ります。
トラブルは解消してませんが楽しいこともないとやってられないので、道の駅の向かいにあった漁港?の食堂に入りました。その名も「金目亭」。
IMGP6213.jpg

下田と言えば金目鯛でしょ。
この定食は1500円。
あぶらがのったぷりぷりの白身を堪能させていただきました。
そして、行儀悪いのは承知で、最後はこの煮汁をご飯にかけていただきました。
IMGP6206.jpg

で、ご飯は美味しかったけど、自転車はちょっと困ったな、ということで、次回へつづく。

フィルムで綴る夏の思い出(2) [PENTAX MX]

勝手な思い込みかもしれないけど、汽車旅にフィルムカメラって似合うと思う。
IMGP4641.jpg

SLやまぐち号
IMAGE0020.jpg

IMAGE0018.jpg

IMAGE0016.jpg

IMAGE0017.jpg

篠目駅
IMAGE0021.jpg

IMAGE0024[1].jpg

IMAGE0025[1].jpg

カラーだとこの記事。
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2016-09-11


フィルムで綴る夏の思い出(1) [PENTAX MX]

昨夏の中・四国クルマ旅
車だから、とカバンの片隅にPENTAX MXを入れていってました。
といっても、デジカメも持ってたから案の定あまり写真も撮らなくて、先日、半年経ってやっと現像に出したところでした。
image0000.jpg
が、フィルムちょっとかぶれてたりとか、写真も平凡なものが多い微妙な出来上がり。
それでも、半年前の暑くて静かだった瀬戸内の思い出が懐かしくよみがえるようなフィルムとなりました。

IMAGE0003.jpg

IMAGE0004.jpg

IMAGE0005.jpg

IMAGE0008.jpg

IMAGE0010.jpg

IMAGE0011.jpg

IMAGE0014.jpg

IMAGE0013.jpg

カラーだとこの記事。
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2016-08-30
http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2016-09-06
モノクロを見てからカラーを見るとなんて鮮やかなんだと思う。

PENTAX MX買いました [PENTAX MX]

※PENTAX MX-1じゃないですよ。MX-1の記事はこちら

---------------------------------------
何を買うわけでもなく、定期的に覗いているハードオフ。ある日、「ジャンク 500円」の篭の中にこんなものが紛れていたので、反射的に買って帰りました。
IMGP4465.jpg
PENTAX MX。
1970年代のフィルム一眼レフです。(言わなくてもみんなご存知か・・・)

銀塩写真なんてもう撮らないし、既に同じカメラを2台持ってるから、まさに無駄な買い物っちゃそうなんだけど、500円の篭の中に入ったまま見捨ててお店を後にすることができなかったんですね。
動かないかもしれないけど、まあ壊れていてもワンコインなんでダメ元で連れて帰りました。

で、家に帰って電池を入れてみたところ、
IMGP4468.jpg
露出計生きてる!

これで、巻き上げ不良がなければ、使えそうですね。

ということで、MX3台目になったので、ニヤニヤしながら並べて撮ってみた。
2台目が発掘された時のように。
IMGP4470.jpg
あはは。

IMGP4469.jpg
前にも別のカメラでそんな感じのことしたような気がする。

たまにはフィルムで写真を撮ろうと思いました。

リニア・鉄道館 [電車]

年末なんですが、名古屋にあるJR東海のリニア・鉄道館に子どもたちと行ってきました。
18きっぷで行けるかなと一瞬思ったんですが、横浜→名古屋は約6時間、そのあと別の電車に乗らないといけなくて、意外と遠い。
でも車だと、走り慣れた伊勢湾岸道のインターを降りてすぐなんですよね。
夏休みなんて四日市で晩ご飯食べてから帰ったくらいなんで、名古屋なんて近い近い。ということで、横浜町田を7時前に入り、豊田JCTまで3時間、そのあと、伊勢湾岸道の名港中央まで20分ほどで、10時過ぎに到着。
DSCF6500.jpg

インター降りてすぐ。近くのコインパーキングに車を停めて、数分歩いて到着。
巨大なパーキングですが、この日は近くの施設でコンサートがあるとのことで駐車場は混んでました。
DSCF6502.jpg

入ると最初は高速試験車両のブース
DSCF6506.jpg

そして、その奥に展示車両がたくさん並んでいる大部屋があります。さすがJR東海なので、新幹線が並んでます。
日曜日なんで混雑を覚悟していましたが、空いていました。クリスマスにわざわざ来る人もいないんでしょう(笑)
DSCF6570.jpg

食堂車の再現もあります。
DSCF6534.jpg

これは昔佐久間レールパークにあったものを持ってきたのかな?
DSCF6526.jpg

ドア4枚の通勤電車。京浜東北線を走ってた形ですね。これ見たかったんだな。
DSCF6520.jpg

急行「東海」。幼稚園児の頃、東海の運転手になりたいと言って湘南電車の絵ばかり描いていました。
DSCF6550.jpg

この手の博物館には必須(?)のジオラマ。子どもたちは大好きですよね。
IMGP6122.jpg

お昼は外に止めてある「新快速」で。
DSCF6547.jpg

エビフライ、みそカツ、あんかけパスタ、エビ天むすがはいった名古屋チックな駅弁を買いました。
DSCF6548.jpg

新幹線の中では、個人的には20年前のこの300系が一番思い入れあるなぁ。
ちょっと切ない(笑)デッキとか見るとジーンと来ます。
DSCF6510.jpg

当時ケータイなんて持ってなかったし。
DSCF6512.jpg

一番気に入ったのは旅心くすぐられる旧型客車。
IMGP6103.jpg

車内、座れればいいんだけどなぁ。
そうしたらここで頬杖ついてぼーっとしていたい。
IMGP6121.jpg

IMGP6117.jpg

IMGP6119.jpg
展示方法を統一してカッコイイんだろうけど、もう少し時代がかった演出があってもいいのかな、とも思いました。

ということで、結局子どもたちそっちのけで楽しませていただきました。
帰りも新東名で4時間ほどで帰宅。
DSCF6576.jpg


<おまけ>
新幹線300系。
(JR東海「シンデレラエクスプレス '92」)

「距離に試されて、二人は強くなる」

モンベルのハードシェルを修理に出した [日常のひとコマ]

昔むかし、モンベルのゼロポイントブランドの「ドロワットパーカ」というジャケットを買いました。ゴアテックスの表地+身頃にシンサレートという、本格的なハードシェルジャケットです。
冬山登山するわけでもないので、こんなんホントは必要なかったと思うんですが、そのとき、ちょうどネパールトレッキングに行く予定だったし、ゴアテックスだし~、えいや!という感じで買っちゃったんですね。
DSCF6141.jpg

で、そのあとはほぼ冬の土日の普段着として街歩きに活躍してくれるわけですが、丈夫だし飽きも来ないので、毎年ずーっとこればかり着ていて、いつのまにか20年になりました。

袖が擦り切れてしまってます。
さすがにこれはみすぼらしいなぁ。
子沢山で服を買う余裕もないのね的なイメージ(笑
DSCF6139.jpg

フードのシームテープが剥がれてしまってます。レインウェアもシュラフカバーもそうなんですけど、シームテープはよく剥がれる。
DSCF6140.jpg

そんな感じで、いい加減新しいハードシェルを買ってもいいとは思うんですが、どうやらモンベルってウェアを修理してくれるらしい。
http://support.montbell.jp/customize/
モンベル製品に使われているパーツ、布地については基本的に保管しています。古い商品などで万一欠品しているパーツ、布地についても、できるだけお客さまのご要望にお応えできるように、代替のパーツ・布地を用意しています。

だそうです。
するともしかしたら20年前のこのジャケットも直せるかもしれないな・・・もし同じ色の布地がなくても、袖口だけ黒くしてもらてもいいよな。
と思って、寒さが本格的になる前ですが、ダメもとでモンベルに修理依頼してみることにしました。しかし完全に切れちゃった袖口なんて直るのかな・・・

まずは、出す前に洗濯。
モンベルのサイトを参考に洗濯機で洗いました。
おススメの洗剤は高いので、100均で買った液体の合成洗剤を使用。

やっぱりくたびれてるよな・・・
DSCF6111.jpg

乾かしたのをモンベルショップに持ち込み、袖口の修理とフードのシームテープの貼り替えをお願いします。

修理途中に、身頃のシームテープも剥がれているのが見つかったようで、どうするのか電話がありました。追加で数千円かかる、と。
身頃は防寒の生地に隠れていて外から見えないんですね。このままだと防水機能はなくなってしまいますが、まぁ冬に雨の中行動することもないだろうから、そこは修理せずそのままということにしました。

そして、お店に出して20日後くらい?に出来上がり。
お値段は、袖4千円、フード1千円でした。

修理後の袖口。まるまる交換のイメージ。ベルクロも新品です。
同じ色・素材の布があったようですが、本体が色あせていたので微妙に色違いです。
DSCF6659.jpg

フードのシームテープ。しっかり貼り付けてあります。
DSCF6658.jpg

丈夫な服で、袖口以外は何ともなかったので、こうしてまたちゃんと着れるようになるのは嬉しい限りです。
しかし、ウェアの修理できるとなると、これいったいあと何年着続けることになるんだろう?
車も自転車もテントもザックも、なんだか身のまわり、そんなものばかりのような気がします。

前の10件 | -