So-net無料ブログ作成

行先変更!宮古島へ [2015沖縄旅行]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-09-27 (元記事URL)

週間予報の晴マークを見てやってきた沖縄。
2日目の朝。窓の外を見ると青空がのぞいていましたが、天気予報は・・・
DSCF3572.jpg
なんだこれ。
雨は降らないんだろうけど、こんな予報じゃ本部半島まで走ってもなぁ(80kmくらいあります)。

DSCF3574.jpg
土曜日に帰るのに、晴マークが出るのが土曜日ってなんだよー。

ということで、ホテルで朝食を済ませた後、輪行袋をかついで再び那覇空港へ。
DSCF3578.jpg
沖縄本島の天気が微妙だったことから、事前に確保しておいた航空券を使って、さらに南へ飛ぶことにします。

宮古島へ。
DSCF3586.jpg

けちくさい話ではありますが、今回は家族旅行ではないので、せっせと貯めた小遣いで旅行に来てる身分。那覇・宮古の往復で月の小遣いの2/3くらい追加でかかってしまうのはちょっと痛いです。また本島見る機会を逸してしまうし。

でもね、せっかく沖縄に来て曇り空の下くすぶってるくらいなら、それくらいお金かけても青空見たいですよね。

ほら!!
DSCF3584.jpg

予約だけいれていた帰りの飛行機代をカウンターで支払い、自転車を組み立てて、
DSCF3587.jpg

空港を出ます。
DSCF3588.jpg

めちゃくちゃいい天気じゃん!
DSCF3589.jpg

まずは数キロ走って平良の市街地へ向かいます。
空港を出てから最初の街へ行くまでの間って、鉄道の輪行とは違うワクワク感があります。
DSCF3592.jpg

ゲストハウスにチェックインします。
DSCF3594.jpg

沖縄にはドミトリーのゲストハウスが数多くあるようですが、泊まるのは初めてです。
そもそも宮古島へ来る予定もなかったので、よく調べず何軒かピックアップして、那覇から電話をしたところ、1軒目は満室、2軒目で空きがあるということでここに決めたのですが、電話での丁寧な応対が印象に残りました。自分も仕事でこういう風に電話でないといけないな、と反省させられるくらい(笑) 

ちょっとしたことなんですけどね、なんかいい旅になりそう。そんな気がしてきました。

(つづく)
nice!(53)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

沖縄へ [2015沖縄旅行]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-09-17 (元記事URL)

9月の上旬にちょっと遅い夏休みをいただきました。土日合わせて5日という、夏休みとしては小ぶり(?)なお休みです。
これまで休んでいたお盆と違い交通機関も混んでないだろうし、子どもたちも学校があります。

つまり、自分の自由になる休みなんですね。

しかし、原稿用紙を渡されて、ただ「書け」と言われてもなかなか書き出せないように、自由な休みはあるけどどこに行こうか、ラフスケッチもなかなか描けません。

こうして何も決まらぬまま休み前の週末になりました。
週間予報を見てみると、日本列島、軒並み天気は悪いんですが、沖縄だけは晴れの予報です。
20150831tenki.jpg

じゃぁ、沖縄に行こうかな。

沖縄には何度か行ったことがありますが、ずいぶん久しぶりです。
前回は家族でリゾートホテルだったんですが、それ以前、渡嘉敷島でキャンプ、ってのは何度もやりました。あとは、八重山も行ったことがありますが、沖縄本島は国際通りしか知らないので(笑)、名護とかそのまわりの島々に行ってみるのもいいんじゃないかな・・・

ということで、出発3日前に航空券を確保。帰りの便の残席数は少なかったのですが、無事に席を抑えることができました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
当日。
高速バスで羽田空港へ。
DSCF3496.jpg

現地での自由を確保してくれる「足」はもちろん持参します。
追加料金なしで載せてもらえました。
DSCF3501.jpg

なんか、青空を求めて沖縄に行くはずだったのにいい天気じゃん。
スカイマークってLCCじゃないんですね。機内はレカロシートでした。
DSCF3505.jpg

離陸。
飛行機には乗り慣れていないので緊張します。
DSCF3516.jpg

いい天気なので景色がよく見えます。
これは横須賀の浦賀じゃないかな。
DSCF3525.jpg

三崎漁港と城ケ島。
DSCF3527.jpg

そして、那覇が近くなると、またワクワクする景色が。
これは伊是名島。本部半島の運天というところから船で1時間弱だそうです。
行ってみたいなぁ。
IMGP2471.jpg

伊江島、水納島、瀬底島、本部半島。
明日はこのあたりまで那覇から走ってきてるんだろうな。
IMGP2475.jpg

那覇空港に着きました。
DSCF3548.jpg

少し遅れて手荷物受取所に行ったら、輪行袋がぽつんと置かれていました。
DSCF3550.jpg

モノレールで県庁近くのホテルへ。
DSCF3552.jpg

特に調べもせず、適当なところでチャンプルーと沖縄そばのセットを夕食にしました。
DSCF3559.jpg

そのあと、国際通りを歩いてみました。
安易にチャンプルーを選んでしまった自分がちょっと微妙だったので、お酒がいける人だったらこういう飲み屋さんに入っていろいろ食べてもいいんだろうな、などと考えながらトボトボ歩きました。でも、歩いただけで、写真を撮る気にもならず、お土産はまだ買えないし、で、ホテルに戻ります。
DSCF3564.jpg

DSCF3568.jpg

ホテルで天気予報を確認すると、大気の状態が不安定で、明日は微妙な天気だとのこと。モヤモヤした気分のまま、自転車も組み立てずに床に就きました。

nice!(52)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

乗鞍岳サイクリング+α(その3)乗鞍スカイライン・安房峠 [自転車(ロードバイク)]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-09-12 (元記事URL)

その1 その2 

乗鞍を自転車で登り、剣が峰の登山も済ませたので、あとは出発点の奈川渡ダムまで重力に任せて降りるだけです。
しかし、乗鞍への車道は長野県側の乗鞍エコーラインだけでなく、岐阜側の乗鞍スカイラインもあります。
IMGP2302.jpg

折角来たので、行き帰りは別のコースを通ってみたいんですが・・・
ちょっと地図見にくいですが、「現在地」から北の平湯峠へ向かっていき、車を駐めてある奈川渡ダム(地図右端)に戻る場合、もうひとつ、登り標高差500m強の安房峠を越える必要があります。
map15B15D-9ea4f.jpg
峠2つでコースを組むと、2つめのコースは足が売り切れていていつも辛い思いをするので、自分の体力を考えた場合、真っ直ぐ降りるのが順当なんです。

でもね、安房峠も行ってみたいし、今後岐阜側から乗鞍に登ることがあるのか?と思うと、もうそんなことはないかもしれない・・・と思うと、迷うところ。

幸いまだ13時半です。これなら安房峠の登りを全部押して歩いても間に合う時間です。

ということで、岐阜県側の乗鞍スカイラインを降りていきます・・・が、

IMGP2311.jpg
最高の快走路じゃん!!

乗鞍岳方面を振り返る。
IMGP2316.jpg

IMGP2322.jpg

IMGP2333.jpg

槍ヶ岳見えた!
いつの間にか雲が減っています。
IMGP2341.jpg

黒部五郎岳~笠ヶ岳~槍ヶ岳~奥穂高~前穂高、と見えているそうです。
IMGP2343.jpg

ここを降りていきます。
IMGP2346.jpg

平湯峠。上から降りてきたので何の達成感もなく(笑)
IMGP2353.jpg

とっても賑わっていた平湯のバスターミナル。
25度くらいの気温でしたが、すごく暑いところのように感じられました。
IMGP2356.jpg

そして、安房峠(旧道)を登っていきます。
IMGP2358.jpg

安房峠道路があるので、通る車も少ない、緑の中の静かな峠道です。
IMGP2359.jpg

一応、ペダルを漕いでいますがこんなスピード。歩くよりは少し速いくらい。
IMGP2363.jpg

道路から降りれるきれいな沢がありました。
ここで顔をジャバジャバ洗わせてもらいました。冷たくて気持ちよかった!
IMGP2370.jpg

峠の近くにぽっかりと木が生えていない空間を発見。
安房平という湿原だそうです。
IMGP2372.jpg

そして安房峠着。
平湯から70分もかかってしまいました。へろへろ。
IMGP2375.jpg

安房峠といえば、厳しそうなヘアピンの連続。
これが国道なんだから、行ってみたくなってしまいます。
20年前はバスも通っていたそうですが、切り返しに苦労されていたそうです。
map2.jpg

こんな感じのカーブが連続しています。下りで良かった(笑)
IMGP2380.jpg

峠道も終わり。釜トンネルの前に出ます。
自転車を始めた頃、信州大の人に連れられて上高地に行ったので、釜トンネルも思い入れがありますが、すっかりキレイになっていました。
IMGP2384.jpg

そして、路面の悪いトンネルが連続する嫌なところを通って、無事に奈川渡ダムに戻ってきました。この日の走行距離86km。
IMGP2387.jpg

こうして、十数年越しの念願叶った乗鞍、登りは楽ではありませんでしたが、森林限界を超えたエリアの展望の良さというか気持ち良さはとてもよかったです。喉元過ぎればなんとやら、また行きたいなと思える山道でした。

帰り道、諏訪湖の花火大会を横目で見ながらゆっくりと帰りました。
IMGP2401.jpg

nice!(57)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

乗鞍岳サイクリング+α(その2)乗鞍岳登山 [山歩き]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-09-10 (元記事URL)

自転車で標高2700mの乗鞍・畳平に登ってきました。
IMGP2224.jpg
ここまできたので、標高3026mの剣ヶ峰まで登ってみます。フラットペダル+普通の靴なのでぜんぜん問題ありません。

地図によれば、駐車場からは1時間半くらいで登れるようです。意外と時間かかるな・・・
自転車の奥に写っている歩道をてくてくと歩いていきます。

IMGP2229.jpg

摩利支天岳の脇の林道のような整備された道を歩いていきます。
目指す剣が峰は目と鼻の先です。
もしこれが自転車だったら、まだあんなに登るのか!と思うんですけどね。
IMGP2233.jpg

雪渓部分を拡大。
スキーをしている人たちがいます。
IMGP2235.jpg

25分ほどで「肩の小屋」へ。
ここからはざくざくした石ころの上を歩いていきます。人が多い。
IMGP2237.jpg

登山中に振り返ってみます。ドームが乗っかっているのが国立天文台のコロナ観測所です。
IMGP2238.jpg

雲が出てきちゃったな。残念。
IMGP2247.jpg

山頂からちょっと下にある「頂上小屋」です。
IMGP2250.jpg

どちらへ向かうのかわかりませんが眺めの良さそうな道が延びていました。
IMGP2261.jpg

肩の小屋から30分ほどで山頂着。駐車場からも1時間かかりませんでした。普通の親子連れで1時間半くらいかしら?
山頂は「剣ヶ峰」の看板と記念撮影をする人たちで渋滞。
御嶽山方面は雲で何も見えませんでした。
IMGP2266.jpg

北アルプス方面も雲がかかってます。眺望を期待したのに残念ですが、まあ良しとしましょう。
IMGP2254.jpg

頂上はさくっと切り上げて、少し降りた小屋でコーヒーをいただきます。幸せ^^。
「時間あります~?」と聞かれて、ぜんぜん大丈夫ですよ、と答えたら、とても丁寧にドリップしていただきました。美味しかった。
IMGP2272.jpg

眼下には、自転車で登ってきた乗鞍エコーラインがうねうねと見えています。
IMGP2276.jpg

やっぱり雲は晴れなかったな・・・
IMGP2278.jpg

というわけで、来た道をざくざくと歩き、50分ほどで駐車場に戻りました。

nice!(56)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

乗鞍岳サイクリング+α(その1) [自転車(ロードバイク)]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-09-06 (元記事URL)

※8/30の大会(マウンテンサイクリング)の話ではありません※

八ヶ岳から帰ってきた次の週末、長野の天気が良さそうな予報。
さて、どっか走りに行こうかな?と思ったとき、乗鞍に行こうと突然思い立ちました。

今は自家用車は乗入規制で通れなくなってしまいましたが、乗鞍といえば、標高2700mを越える日本最高地点の車道で、昔からぜひ自転車で登ってみたかったところです。
1996年秋、1997年秋と2回ほど行こうとしたんですが、どちらも悪天候で閉鎖されていて、行けませんでした。1997年のときは帰りに中央本線で衝突脱線事故があって、途中の山梨県内で帰れなくなってしまうというオマケまでありました。乗鞍高原でのキャンプは楽しかったんだけどね。

それから18年近く経ちました。
なんだか、自分の中でこれまで封印していた「フタ」が取れた・・・
そんな感じで、ミラターボにパナチタンを積んで夜の国道20号線を西へ向かいます。
相模湖21:00→大月21:55→勝沼22:20→甲府昭和22:40→塩尻峠0:20という感じで走り、途中某所で仮眠。
IMGP2131.jpg

翌朝、奈川渡ダムの駐車場へ。
ちょうどシングルギアの方がいらっしゃったので声をかけたら、乗鞍へ登る、と。それもシングルギア!世の中すごい人がいるもんだと思いました。
IMGP2157[1].jpg

今回は山用にフロントだけ軽いタイヤにしました。約50gの軽量化。
しかし、ツーリングマップルのコピー忘れて背負っていくことに・・・こちらは約500g(笑)。
IMGP2388.jpg

標高1000m弱の奈川渡ダムから走り始めます。
IMGP2160.jpg

トンネルをいくつか抜けた前川渡から長野県道84号乗鞍岳線が分岐しています。
IMGP2167.jpg

乗鞍高原が近付くと乗鞍岳が見えてきます。いい天気!
目指す乗鞍岳もよく見えます。        頂上はこのあたり↓
IMGP2175.jpg

1時間ほどで乗鞍高原着。標高1450m。ここまででもけっこう登らされた感があります。
前を走るのは岡山大サイクリング部の学生さん。この荷物で乗鞍とは、さすが若い!。
IMGP2176.jpg

7:50、乗鞍高原スタート。
ここからはロードの人がたくさんいました。きっと大会の練習なんでしょう。
IMGP2178.jpg

三本滝8:25通過。三本滝から上はバスとタクシーしかいないので、自転車天国です。
このあたりは標高1900mくらい。
眺めが良くなってきますが、坂もきつくなってきます。
IMGP2186.jpg

IMGP2184.jpg

頂上はまだあんな上かぁ・・・^^;
IMGP2190.jpg

でも、この山岳風景はたまりません。
IMGP2203.jpg

IMGP2214.jpg

IMGP2218.jpg

休み休み登って10:25、標高2710m、長野・岐阜の県境に着きました。
IMGP2220.jpg

岐阜から長野を望んで1枚。
IMGP2223.jpg

向こうが「畳平」という場所。
IMGP2221.jpg

こうして、ようやくようやく念願叶いました。
というのも、自転車で登りたい場所を、先に車で行ってしまうのは嫌なのです。
これで次はバス乗って家族で来ても大丈夫なんだな、と、ホッとした気持ちもあります。


(つづく)
nice!(49)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行