So-net無料ブログ作成
検索選択

大野山ハイキング [山歩き]

ゴールデンウィークの前半ですが、西丹沢の大野山へ家族で行きました。
自分は今年最初の山歩きになります。
標高723mとそれほど高い山ではありませんが、眺めがいいらしいので、天気のいいこんな日に行こうということになりました。

スタートはJR御殿場線の山北駅。バスに乗らず、駅からスタートです。
DSCF7092.jpg

しばらく舗装路を歩いていきます。
山頂は(元?)牧草地なので、あの剥げてるところあたりまで登るのでしょう。
DSCF7100.jpg

車の通らない細い林間の道。
DSCF7107.jpg

このお花は途中でたくさん見ました。
DSCF7105.jpg

半分くらい登った旧共和小学校のあたり。
正面に富士山が見えます。
DSCF7110.jpg

その後ちゃんとした山道になります。(右の方を登っていきます)
DSCF7114.jpg

キレイな新緑の中の山歩きはきもちいいです。
DSCF7119.jpg

DSCF7135.jpg

こんにちは!
DSCF7124.jpg

見晴らしの良い草地の横を登る階段になると、もうすぐ頂上。
DSCF7142.jpg

「なんだよ、車で来れるのかよ」と。
頂上まで舗装路があり、駐車場もあります。
車で来れるから自力で登ることを否定されたらサイクリングという遊びは成立しなくなるな、なんて思いました。
DSCF7149.jpg

そして山頂。
桜の木の向こうに富士山が見えます。
DSCF7163.jpg

おお!
DSCF7153.jpg

三保ダム・丹沢湖と西丹沢の山々。
こういう風景を見て「あの稜線を歩いてみたい」という感覚はなかなかわからないなぁ。
DSCF7166.jpg

山頂でお弁当を食べて下山。
谷峨駅方面へ降りていきます。
下山路はとっても見晴らしがいい。
東名高速と富士山を見下ろしながら歩けるところもあり・・・
DSCF7180.jpg

DSCF7191.jpg

谷峨駅周辺の集落がずーっと下に見えたり。
DSCF7189.jpg

ヤマブキも咲いていました。
ヤマブキってほんとに山吹色なんだ。
DSCF7203.jpg

DSCF7207.jpg

山を下りてつり橋を渡って・・
DSCF7209.jpg

御殿場線の谷峨駅に着きました。
ここからは電車で帰ります。
DSCF7210.jpg

標高700mちょっと、大したことないとなめてかかっていたんですが、帰宅後翌々日くらいまでだるーい感覚が取れませんでした。
去年の夏から秋のように、ひょいひょいと山を歩けるようになるかな?ちょっと不安になったのが正直なところ。鍛えなきゃ。
nice!(67)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

丹沢表尾根 201611 [山歩き]

先日の石割山ハイキングではどうやら物足りなかったらしく、今度は丹沢表尾根に子ども連れていくと言い出しました。

歩く時間は長いし、行者岳の鎖場もあるコースに小1の子を連れていこうっていうんだから、この母親なかなかの暴走っぷりですが、またまた天気がよさそうだし、雲に入って何も見えなかった7月のリベンジも果たしたかったので、ついていくことにしました。

日曜日は7:35発がヤビツ峠行きの始発です。
秦野駅近くのコインパーキングに車を停めて、バス乗り場に行くと、ロータリーにずらーっと山やさんの行列ができていて、右側のドトールの先まで続いていました。この日は臨時のバスが出ていて、4台目に乗って8:20頃ヤビツ峠着。名古木からのタイムは25分ほどでした。
ちなみに休日のバスは子供は現金だと50円なんですね。大人は470円なので、申し訳ないくらい安いです。
IMGP5811.jpg

裏ヤビツの舗装路をしばらく歩きますが、そこでもきれいな紅葉が見れました。
IMGP5813.jpg

二ノ塔への登りの途中で歩荷のボランティアがあったので、みんなで参加します。
IMGP5815.jpg

雲一つない快晴。大山もきれいに見えます。
IMGP5824.jpg

そして、前回真っ白だった三ノ塔からの素晴らしい眺望。
手前の烏尾山から、ずーっと今日歩いていく尾根が見えています。
IMGP5834.jpg

紅葉はところどころきれいなところがあるんだけど、終わりの方かな。。
IMGP5840.jpg

IMGP5858.jpg

IMGP5860.jpg

新大日への登り
IMGP5852.jpg

そして、問題の鎖場。渋滞していて少し並んだ後に下降。子どもも少し時間がかかりましたが割と難なく降りれました。
そんな中、ストック2本しまうわけでもなく伸ばしたまま脇に抱えて後ろに突き出して鎖を登ってくるおっさんがいました。あぶねえな・・・
IMGP5856.jpg

雲が出てきました。大丈夫かな。
IMGP5862.jpg

IMGP5866.jpg

明るい尾根道。楽しい晩秋の山歩きです。
IMGP5871.jpg

ヤビツから歩き始めて4時間ほどで塔ノ岳に着きました。
IMGP5900.jpg

今日もきれいな富士山が見れました。
IMGP5877.jpg

今歩いてきた方は雲海になってます。
IMGP5895.jpg

山でお約束の膨らんだパン。
IMGP5894.jpg

そしてコーヒー。
IMGP5897.jpg

丹沢のディープな方もいつか行ってみたいですね。
IMGP5893.jpg

14:00、大倉へ向けて下山開始です。急がないと日が暮れちゃうぞ。
IMGP5903.jpg

とっとことっとこ降りていきます。明るい尾根道。
IMGP5912.jpg

下の子も疲れたとか言っておきながら、トレランの人たち見つけて後をつけて駆け下りて行ったり。こんなところ走ってよく平気だなと思う。
IMGP5918.jpg

午前中に歩いた尾根が木々の間から見える箇所がありました。だいたい合ってるかな?
IMGP5923.jpg

大倉バス停へは2時間15分ほどで下山。下の子につけさせた万歩計は36000歩になってました。

今回の大倉尾根の下りは7月に比べるとそれほど膝は痛くありませんでした。夏からいろいろ歩いていて慣れたからなのか、週1回と細々と続けているジョギングのせいなのかわかりませんが・・・
やはり丹沢表尾根はコースに変化があるし、眺望がすばらしくて楽しいです。近くて行きやすいので、また歩いてみたいです。
nice!(67)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

石割山ハイキング [山歩き]

子どもたちがスポーツをやっていたりすると、土日であっても家族みんなが1日空くという日はなかなかないんですね。そんな中、珍しく11月上旬の日曜日に空いた日ができて、天気も良かったので、カミさんと小学生二人とハイキングに行きました。
時期的に紅葉が見れそうな標高と、眺望が良さそうなことから、山中湖近くの石割山へ。

山中湖の平野から道志みちを少し走り、左側の細い道を入っていくと行き止まりに駐車場があります。駐車場は混んでいましたが何とか止めるところがありました。
駐車場の木々もいい色づき具合です。
IMGP5763.jpg

まず最初は400段の石段があります。
丹沢大山の石段と比べれば全然楽な階段です。
IMGP5765.jpg

早速きれいな紅葉に出会います。
IMGP5768.jpg

そのあとはゆるい山道になります。
こんな紅葉がきれいな場所があると嬉しくなっちゃうな。
DSCF6298.jpg

IMGP5769.jpg

木々の間からチラチラと富士山が見えます。
IMGP5773.jpg

途中の8合目に石割神社というのがあります。
この神社のご神体の大岩に細い隙間があって、その間を時計回りに3回抜けると幸運が開けるそうなので、通ってみますが、幅は数十センチしかありません。こんな隙間です。もちろんお作法どおり3回通りました。
IMGP5780.jpg

石割神社から20分ほど山道を登ると、石割山の山頂に着きました。駐車場からは1時間くらい。
目前に富士山がでーんと構えていました。
IMGP5785.jpg

遠くには南アルプスの山々。
夏に北岳に登った二人は盛り上がってました。
IMGP5786.jpg

山頂はちょっとしたスペースがあり、多くの人がお昼を食べていました。なんか落ち着かないので、もう少し歩くことにします。富士山を見ながら急斜面を下りて、木々の中を20分ほど歩いて平尾山へ。
IMGP5787.jpg

IMGP5798[1].jpg

IMGP5795.jpg
ススキの向こうに富士山が見えるちょっとした広場になっていて、石割山より静かでいい雰囲気でした。ベンチもありますので、お昼を食べ、ゆっくり過ごしました。

あとは駐車場まで戻るだけ。
石割山からの急坂を登らないでもショートカットする道があり、そちらから駐車場に戻りました。
IMGP5803.jpg
これくらいのハイキングコースなら小1の子でも楽勝。小5の子はちょっと物足りなさそうでした。自分はきれいな紅葉と富士山が見れたし、これくらい緩いのがちょうどいい感じでした。

帰りは道志みちから下道で。
神奈川県内に入り、青根の日帰り温泉に入って夕方6時半ごろ帰宅。
IMGP5810.jpg
nice!(68)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥大日岳登山(その2) [山歩き]

立山連邦の奥大日岳ですが、三角点がある2606mの山頂のほかにもう一つピークがあって、そちらは2,611mと若干標高が高いです。
20161114.jpg

その標高の高い「ニセ」奥大日岳から、本当の奥大日岳を望みます。奥に薄く見えるのは日本海。
ずいぶん遠くまで来たなぁ、と思いますが、去年こんなところまで自転車で来たのか!と。
(参考:こちらこちら
IMGP5295.jpg

すぐに本当の奥大日岳に到着。剱の見え方は変わりません。
ここではオコジョがいたと騒ぎになってましたが自分のカメラには収まってくれませんでした。
IMGP5296.jpg

大日岳方面。
IMGP5298.jpg

しばらくすると団体さんが来て騒がしくなり、その中の一人がオカリナを吹きだしたりしたので退散します。オカリナの演奏は上手でしたが耳障りでした。
元の道を立山を見ながら下山。
IMGP5308.jpg

素晴らしい散歩道。
IMGP5315.jpg

9月上旬でしたがナナカマド(?)も色づき始めていました。
IMGP5323.jpg

新室堂乗越からの下り坂。
別山の下りで「山が見えるときに歩いてみたい道」と言ったところですが、翌日に実現。
IMGP5325.jpg

帰りも1時間20分ほどで戻ってきました。
IMGP5329.jpg

靴を脱いで川に入ってみましたが、水は猛烈に冷たい。アイシングのバケツに足を入れているような感じで、1分と持ちませんでした。
IMGP5331.jpg

キャンプ場に戻って寝袋を干し、テントをたたみました。
コーヒーを入れて一休み。
DSCF6037.jpg

名残惜しいですが、帰ります。
IMGP5341.jpg

素晴らしいキャンプ場でした。また来たいな。
IMGP5344.jpg

さて、室堂に戻りバスが出るまで時間があったので、立山ホテルにある「ティーラウンジりんどう」に入ってみます。立山の湧水を使った水出しコーヒーを飲んでみたくなりました。さっき雷鳥沢でコーヒー飲んだばかりのような気がしますが。
ドレスコードが気になる落ち着いた雰囲気のお店ですが、山歩きのジャージのままでも快く受け入れていただきました。
DSCF6038.jpg

そして頼んだのがコーヒーと大きな(というか、まるごとの)シフォンケーキ。
この生クリームは黒部ダムの放流のイメージなんでしょうか。美味しくいただきました。澄んだ黒いコーヒーもおいしかった!
IMGP5352.jpg

窓からは雄山が見えます。
またしても、何もしないのに数十分があっという間に過ぎていきました。
IMGP5356.jpg

観念して(?)トロリーバスに乗り長野県側へ戻ります。
IMGP5358.jpg

黒部湖へ。アルペンルートの乗り物は残すところ1つ。
DSCF6042.jpg

トロリーバスの乗り場へ向かうトンネル。
これを入ると、夢のように楽しかった立山から、現実の世界に戻ってしまうような気がして寂しくて、このトンネルの前でぎりぎりまで時間を過ごしました。
DSCF6046.jpg

扇沢の駐車場へ戻ってきました。
DSCF6047.jpg

あとは横浜まで下道6時間の楽しいドライブです。
DSCF6053.jpg

去年の夏、乗鞍に行った帰り、花火大会で諏訪湖畔の渋滞に巻き込まれたのですが、なぜか9月のこの日もまた花火大会の日になってしまいました。コンビニの店員さんに聞いたら8・9月の2回花火大会があるそうです。
IMGP5373.jpg

------------------
ということで、初めての山のテント泊。
ほかの山にはもう行けなくなっちゃうんじゃないかと思うくらいの素晴らしい天気と眺望に恵まれ、山行の楽しさを知ることができた旅になりました。天気よすぎて厳しさがわかんないんじゃないの?というおそれはありますが・・・

そして、自分が今回立山に足を運ぶきっかけとなった、雷鳥沢キャンプ場の記事を書かれたソネブロのお二人に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。

nice!(80)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

奥大日岳登山(その1) [山歩き]

雷鳥沢キャンプ場2泊目の朝。またしても雲一つないいい天気でした。
幸いにして筋肉痛も足の痛みもありません。今日中に扇沢に降りれればいいので、午前中はどこか山歩きに行けそうです。

なので、雷鳥沢から昨日降りてきた道を再び登ります。
IMGP5248.jpg

キャンプ場はまだ山の影ですね。
IMGP5250.jpg

新室堂乗越へは20分ほどで到着。
この日は奥大日岳という標高2600mほどの山に登ってみます。この写真では一番右側の山かな?標高2270mのキャンプ場からの標高差は300mちょっとです。
IMGP5253[1].jpg

ロッジ立山連峰、雷鳥沢ヒュッテ、雷鳥荘、室堂の標高差がわかります。帰りはテント背負ってこれ登っていくんだな。
IMGP5255.jpg

室堂乗越からは剱岳が見えるようになります。2等辺三角形の三角定規のような形ですね。
IMGP5258.jpg

IMGP5267.jpg

剱御前小屋から新室堂乗越へ昨日降りてきた道。やっぱり晴れた日に歩いたらいいだろうなと思える稜線です。
IMGP5268.jpg

剱を見ながらの散歩道。
IMGP5272[1].jpg

奥大日岳の南側を巻いて(?)登っているところからは、うねうねと曲がる有料道路を見下ろせます。ずっと先には槍。
IMGP5274.jpg

新室堂乗越から1時間ほどで奥大日岳の付け根(?)まで来ました。
奥大日岳は2つのピークがありまして、まずは標高が高くて剱に近い方に登ってみます。分岐を右折して数分。
IMGP5276.jpg

IMGP5278.jpg

向かって左手には剱岳。
IMGP5292.jpg

正面は立山。地獄谷まで見下ろせます。
IMGP5287.jpg

とても眺めが良くて、人も来ないので静かでくつろげる場所でした。昨日の別山の先っぽもそうだったんですが、こういう場所に来ると何もしないのに時間がどんどん過ぎていきますが、その時間の使い方がとても幸せだったりします。平地の感覚だと「時間がもったいない」ってなるんでしょうけどね。

そのうちにもう2人登山者がいらっしゃったので、しゃべったりお互いの写真を撮ったりして、仲良く(?)時間を過ごしました。

さて、ここで折り返してもいいんですが、せっかくなので「本当の」奥大日岳も行かないとね。

(つづく)
nice!(61)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雷鳥沢キャンプ場 2泊目 [山歩き]

1日ぐるっと歩いて戻ってきたキャンプ場。
早速コーヒーを入れてほっと一息。
というか、途中からカフェイン切れになっちゃって早くコーヒー飲みたかった^^
IMGP5193.jpg

一息ついて近くの温泉に入りに行きました。今日は雷鳥沢ヒュッテの方へ。
風呂上がりにこんなものを売っているのを見かけていただいちゃいました。まさかアイス食べられるとは。
DSCF6028.jpg

日も傾いてきたので晩ご飯にしよう。
IMGP5199.jpg

米を炊きます。
DSCF6030.jpg

じゃん!
見た目はよかったんですが、さすが山岳地帯。若干固いご飯になりました。
でも、おかずはいなばのタイカレーなので大丈夫^^v
DSCF6031.jpg

ご飯を終えてボーっとしているうちに日が暮れました。今日は雲が多くて残念な感じでした。
IMGP5200.jpg

きれいだなー
IMGP5202.jpg

夜になると雲も取れて今日も星が見えました。
IMGP5236.jpg

IMGP5220.jpg

いや、星が見えた、なんてもんじゃないです!最初は雲がかかってるかと思ってました。
コンデジでここまで撮れるとは。
IMGP5241.jpg

そして、翌朝。
今日も雲一つないいい天気です。
IMGP5245.jpg

朝ご飯はフリーズドライを食べてみました。なかなかおいしかったです。
DSCF6033.jpg

今日は帰る日です。でも半日あるし、どうしよーかなー。
IMGP5244.jpg

-------------------------
<おまけ>
モンベルやアライテントが立ち並ぶキャンプ場でいろんな人に「珍しいですね、紫なんて見ないですよ」と言われたこのテント。アクシーズクインというブランドの「エアーズロック」という、1990年頃の1.5人用のツーリングテントです。入口側が切り立ってる形が特徴的。今回久しぶりに使いました。
DSCF6295.jpg
1996 フランス・シャモニのキャンプ場にて
nice!(69)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

立山~別山縦走(その3) [山歩き]

一の越から雄山・真砂岳を経由して、剱岳を真正面に望む、標高2874mの別山までやってきました。ホント、どうだとばかりに仁王立ちする剱岳が真正面に見える素晴らしい山です。
IMGP5128.jpg
(剱岳の漢字間違えて「剣」と書いてました。これ、四国の「剣山」ですよね・・・前回記事はコッソリ直しました)

縦走路を登ったところが別山の「南峰」なんですが、数分歩いたところに「北峰」があります。あとは雷鳥沢まで降りるだけで、時間的に余裕があるのでそちらにも行ってみます。
2016103001.jpg

自転車でも走れそうな平らな道をトントンとスキップ気味で歩いていきます。静かだし、自分の上には空しかない感じで嬉しいんだもん(笑)
IMGP5130.jpg

着きました。
剱岳の右側の尾根の向こうに連なる山が見えます。
IMGP5135.jpg

こちらは白馬岳でしょうか?地図を見たらそんな感じだったんだけど・・・
IMGP5138.jpg

もちろん、剱岳はド迫力ですね。
やっぱりこんなところ登れそうにない・・・いや、登ったら降りれそうにないと思います。
IMGP5145.jpg

これを見ながら昼食にします。いつものマーガリン入りロールパンです。潰れてしまっておいしくなさそうですが。
IMGP5141.jpg

幸せな気分でぼーっとしているうちに、雲が山の向こうからこちら側にもかかってきたので、別山北峰は撤収します。結局1時間くらいここにいたみたいです。山を見ていると時間が過ぎるのが早い。
IMGP5147.jpg

立山も雲に隠れてしまいました。
IMGP5153.jpg

別山乗越への道にもガスがかかろうとしています。
IMGP5156.jpg

右手前が剱澤のテント場のようです。ここも山が目前に迫ってすごいんだろうな。
IMGP5158.jpg

IMGP5161.jpg

休憩する人で賑わう剱御前小舎の前からは、雷鳥坂と呼ばれる急坂を下りればまっすぐキャンプ場に戻るんですが、急な下りが嫌だったので新室堂乗越の方へ。地図上ではコースタイムは10分しか違いません。人の少ない静かな道でした。
IMGP5163.jpg

薄い赤色のフワフワの花?不思議な植物の群落になっていました。
IMGP5174.jpg

これまた眺めがいい極上のトレイル。
IMGP5177.jpg

新室堂乗越からは立山に向かって歩くようになります。
晴れていれば正面に立山がばーん!と見えるんだろうな。ぜひ、山が見えるときに歩いてみたい道です。
IMGP5188.jpg

そして15時前、雷鳥沢キャンプ場に戻ってきました。
IMGP5192.jpg
ぐるっと立山を回った山歩きは終了です。
たくさん歩いたんだけど、丹沢を歩いた時のように足が痛くならない!
小石がばらまかれたようなザレた道の方が、木で組まれた階段を下りるよりも足に優しいみたいです。


<参考>コースタイム(休憩除き)
雷鳥沢6:10(60分)一ノ越(40分)8:00雄山9:10(90分)真砂岳(40分)11:40別山13:00(20分)別山乗越(60分)新室堂乗越(20分)14:40雷鳥沢

nice!(71)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

立山~別山縦走(その2) [山歩き]

雷鳥沢のキャンプ場から休憩入れて2時間弱で雄山に登ってきたところです。
山頂の社務所で子どもたちへのお土産の購入ついでにカワイイ巫女さんと立ち話。そこで天気の話になったところ、

「山の天気は神様がお決めになることなので・・・」とのこと。

この答え、すごく納得してしまったのです。
あぁ、自分も仕事の受け答えはこうでありたい。

閑話休題。
雄山の本当の山頂は一段上がったところにあります。せっかくなので一番上まで行きました。
山頂には小さな祠があって、そこでお祓いをしてくれます。
IMGP5066.jpg

社務所の方を振り返る。ちょっと視点が上がっただけでもまた違う絶景が広がっています。
IMGP5060.jpg

山頂の標高表示と、これから歩いていく大汝山やその先。遠くに見えるのは剱岳でしょうか。
IMGP5061.jpg

ということで、9時に山頂をスタートして縦走路を歩いていきます。
これは雄山を振り返った図。
IMGP5075.jpg

室堂方面がバッチリ見えています。超眺めイイ。
IMGP5074.jpg

キャンプ場拡大(笑)
IMGP5073.jpg

歩いていくと大汝山に着きました。いま一人登られてますが、どうやらあの四角い岩のてっぺんが山頂らしい・・・
IMGP5076.jpg

立山は、標高3,003 mの雄山、標高3,015 mの大汝山、標高2,999 mの富士ノ折立の3つを総称する呼び名だそうで、この大汝山が最高地点なんですね。
ちなみに、「立山三山」というのもあって、浄土山、立山(雄山+大汝山+富士ノ折立)、別山だそうです。

なので、登ってみましたよ。高いところは苦手ですが・・・
IMGP5079.jpg

黒部湖がはるか下に見えました。ああ怖い。
IMGP5077.jpg

で、次に目指すは立山を構成する3つ目、富士ノ折立。
右側のこぶになっているところですが、近づくとなかなか切り立った山です。
IMGP5084.jpg

これも登りましたよ(笑)意外とするする登れた。
IMGP5090.jpg

富士ノ折立からはいったん標高を下げ、こんな斜面を降りていきます。
この斜面でこちらの方とすれ違ったんですねぇ。
この山旅、会う人やすれ違う人たちがみんなフレンドリーなもんで、ついつい立ち話をしちゃうんですね。もしかするとみんな迷惑なのかなぁ。
IMGP5092.jpg

歩いてきた道を振り返ります。
今日はいい天気だからいいけど、ガスったりしたらどこ歩いてるかわからなくなりそうです。風を遮るものもなんにもない。
IMGP5103.jpg

雪が残っています。氷河地形っぽいですね。
IMGP5100.jpg

11時前、真砂岳到着。
最初はここから雷鳥沢に降りようと思っていたけど、全然楽勝だったので、別山まで行っちゃいます。
IMGP5106.jpg

軽く燃料補給。
IMGP5107.jpg

IMGP5111.jpg

別山に向けて。緩い道が続いているな~
IMGP5109.jpg

と思ったら最後は急登になってました。ちょっときつい。
IMGP5120.jpg

そして、11時40分、別山到着。
IMGP5151.jpg

おおお!
剱岳が真正面!別山まで来て良かった!
IMGP5125.jpg

---------------------------------------------
<おまけ>←消しちゃうかも^^
登山用(?)の短いスカートをはいた女性を何人か見かけたのですが、急登で自分の前にいると下から覗いてるような感じになっちゃうんですね。みんなサポートタイツみたいなの穿いてるから、特段気にしなくてもいいのかもしれないけど、上見ていいのかなぁ?と思ってしまいます。自分としては目のやり場に困るということはありませんが(笑)、ちょっとドキドキします。
なんか雄大な剱岳の写真の後に煩悩まみれの話ですみません。
nice!(61)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

立山~別山縦走(その1) [山歩き]

雷鳥沢キャンプ場で迎えた朝。
雲一つない快晴、それに無風。
IMGP4996.jpg
自分ひとりでこの山を眺めているのは、なんだか罪悪感を感じます。
仕事や家事や子どもの世話だけじゃなく妻の(それも山好きの)誕生日まで放棄して、こんな素晴らしい景色に向かい合ってるんですから。

安曇野のスーパーで買ってきた安いパンと、コーヒーの朝食にしました。
DSCF6027.jpg

風もなく天気がいいので山登りをすることにします。
雷鳥沢から一の越経由で雄山~真砂岳、行ければ別山まで足を延ばしたいな、と思います。
コースタイムは7時間程度なのですが、自分は3000m級の岩ごつごつの山の縦走なんてしたことないので、ポテンシャルもわかりません。まぁ行ければ別山まで、ダメならショートカットで降りてこよう、という感じで。
IMGP5001.jpg

キャンプ場奥の橋を渡って、6時過ぎに出発します。
IMGP5003.jpg

雄山の右側の鞍部である一の越へ向かって雰囲気のいいトレイルを歩いていきます。このルートには「母恋坂」という名前がついているそうです。
IMGP5007.jpg

9月上旬ですがところどころ色づき始めています。
IMGP5008.jpg

途中ほとんど人はいませんでしたが、この岩の登りが終わる頃に女性2人組を追い越します。別山まで行けるかどうかわからない、と言ったら、「私たちの半分くらいの時間で登ってるから大丈夫。ここまで来たら絶対行かなきゃ!」と背中を押してもらいました。
IMGP5016.jpg

室堂方面。徐々に立山の影が短くなってきます。
IMGP5019.jpg

室堂からの整備された道と合流して数分、キャンプ場から1時間ほどで一の越着。
この先雄山へはこの建物(トイレ)の上の稜線(?)を登っていきます。こうして写真で見ると近そうですが、コースタイムは1時間くらいなので、近いというのは錯覚でしょう。
IMGP5026.jpg

夜のうちに一の越まで上がってくれば、日の出が見れるのかもしれません。山小屋があるのでそこに泊まるのもよさそうです。
IMGP5023.jpg

槍ヶ岳が見える眺めの良い場所。
IMGP5028.jpg

少し休憩して、雄山を目指します。
ここからは岩がごろごろした道。印はつけてあるものの、どこを歩いていいのかよくわからないんです。踏み跡もあちこちについているし。
IMGP5031.jpg

どんどん高度を上げていきます。急登な上に、振り返った景色がキレイなので、何度も振り返ってしまいます。
IMGP5033.jpg

朝早いのですれ違う人も少なく、一の越から40分ほど、朝8時、雄山山頂に着きました。
IMGP5045.jpg

山頂からの眺望は、こんな感じ。
東側。雲海が見えます。
IMGP5046[1].jpg

遠くの方に富士山を見ることができました!富山県から富士山が見えるって、すごいな。でも、富士山から立山を見てもきっとわからないんだろうなと思いました。
IMGP5049.jpg

奥に見えるのは白根三山でしょうか?
IMGP5053.jpg

南の方角。
槍ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山、笠ヶ岳(かな?)
IMGP5052.jpg

西の方角。室堂方面。
ずーっと奥に富山湾が見えそうです。
IMGP5047.jpg
この眺めをケータイで撮って、お誕生日おめでとうと書いたメールに添付してカミさんに送ったところ、


なんかずるい

という返事が返ってきました。
あまりにも的確な表現。
吹きそうになりました。

(つづく)
nice!(69)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

雷鳥沢キャンプ場にて [山歩き]

山のテント場デビュー先として選んだ雷鳥沢キャンプ場。
ご覧のとおり、広くて平らな土の地面です。
ガスが晴れると向こうに雷鳥沢や立山が目の前のロケーション。
山のテント場ってどこもそうなのかもしれないけど、こういうところに座って山を見るのはすごく贅沢な気分。
IMGP4957.jpg

そして、ここは温泉まで徒歩5分。
個人的には硫黄の香りのする温泉は苦手なんで、別に普通のお風呂でも構わないのですが、汗を流すところがあるのはありがたいです。
IMGP4949.jpg

ガスが薄くなって立山も見えてきました。
IMGP4960.jpg

拡大。山頂の建物が見えます。
IMGP4963.jpg

テントからはこう見えるんですね。
素晴らしい!
IMGP4965.jpg

振り返るとこんなガスが山にかかっていますが。
IMGP4958.jpg

キャンプ場では16時過ぎからあちらこちらで晩ご飯の用意をはじめていました。
まだ17時ですが、自分も晩ご飯にします。この日は、室堂のターミナルで買ったますのすしのおにぎりです。富山県ですからね。なので、今日はラーメン用のお湯を沸かすだけ(笑)
IMGP4967.jpg

18時過ぎ、急に山が赤くなってきました。ホント気が付くと赤かったって感じ。
IMGP4972.jpg

DSCF6019.jpg

DSCF6021.jpg

IMGP4980.jpg

IMGP4983.jpg
しかし、この頃から風向きが変わり、一の越の方から強い風がビュービュー吹くようになりました。
寒くて寒くて外で写真を撮る感じじゃないです。テントの1m前で低体温症で倒れてたなんていうのも笑われてしまうだけなので、もう寝袋に入ってしまいます。おやすみなさい。
明日も風が強かったら温泉と読書かな。

夜9時、寝袋の中で寒くてぶるぶる震えて目が覚めました。
IMGP4993.jpg

薄い雲の向こうに星が見えました。
IMGP4987.jpg

IMGP4986.jpg
念のため、と持って行ったダウンのベストを着たら暖かさがちょうど良くて、その後は朝まで爆睡でした。

nice!(50)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

立山へ [山歩き]

仮眠を取った安曇野のスーパーから北上していきます。山が近くなってきた!
DSCF5995.jpg

50分ほど走り、朝7時半にアルペンルート入口の扇沢に到着。砂利の無料駐車場に車を入れます。
幸いあと10台くらい余裕がありましたが、8時過ぎには満車になってました。小さい車だからどこかにねじ込むってのも可なんだろうけど、何日か停めておくにはそれも不安なので良かったな。
DSCF5997.jpg

ここでまた軽く一眠りしようとしたんですが、アイドリングしたままの車の排気音でイマイチよく眠れなかったので、諦めて出発することにします。きれいな青空が広がっています。
IMGP4906.jpg

今回の装備。
とりあえず手持ちのザックはこれだけなので、30Lのに荷物を無理やり付けてみました。
いやぁかばん重いな~と思って家で計ってみたけど10kgちょっとしかありませんでした。
15kgとか20kgとか、自転車に積んで走ったことはありますが、そんな荷物を背負って山を登るなんて想像を絶する・・・
DSCF5998.jpg
ちなみにザックもテントも銀マットも(おまけに車も)1990年代初めのもの。
銀マットは表面がはがれて「銀残し」状態だし(笑)
ザックの上の黒いものはシュラフ(ゴミ袋防水)ですが、これは辛うじて1995年購入。

それでは、扇沢の駅から立山の室堂に向けてアルペンルートの旅です。
DSCF6001.jpg
アルペンルート、室堂のあたりは、2013年夏に家族で来ています。
そのときは室堂ターミナルから室堂山展望台という、浄土山の途中くらいのところまでみんなで往復したんですね。立山を眺めながら。
扇沢から室堂までの往復は9000円。
今回キャンセルした羽田→那覇は11,000円だったので、高いなぁって思う。
富山県側から入ると半額くらいで行けるんですが、アクセス距離が片道100km以上長いので、微妙なところです。

トロリーバスに乗って、
DSCF6003.jpg

黒部ダムを見て
IMGP4908.jpg

ケーブルカーとロープウェイとトロリーバスに乗って、室堂まで1時間ちょっとです。
IMGP4915.jpg

室堂駅の中の注意喚起を見てちょっとびびります。予想以上に寒いかも。
DSCF6010.jpg

このホワイトボードの右側(写っていない)に事故例が・・・
DSCF6013.jpg
背負ってる荷物は若い頃とあんまり変わってないんですが、背負う本人は既に立派な「中高年」です。きっと何かあれば「未熟な初心者の中高年が軽装でそれも単独行動で・・・」なんていうふうに言われるんでしょうね。1989年の遭難のニュースは今でも印象に残ってます。あれも秋じゃなかったかな。

まあ今回は「テント泊体験」なので、天気が良ければ山に登ってもいいかと思いますが、悪ければ、読書と温泉とスイーツ(笑)の予定ではあります。
このときは素通りしてしまいましたし、自分には関係ないんですが、剣沢から先は通れないという大事なことも書いてありました。

さて、登山計画書をどこで出したらいいかわからなかったので、ターミナルを出て少し離れた派出所に行きました。(ターミナルの中にあるようです)応対してくれた服も雰囲気も山屋風のお兄ちゃん(警官かな?)が、

「ツルギ行かれるんですか?」と。

(剣岳イメージ)
IMGP5159.jpg
いやいやいやいやいや、
こんなの絶対無理ですわ。

登山届を無事提出し、今日の目的地のキャンプ場までスタート。
と言っても1時間もかからないくらい。
雲が多いですね。
IMGP4930.jpg

煙を出しているところがあります。息苦しい煙なので止まらず逃げるように先へ。
IMGP4932.jpg

目的地のテント場が見えてきました。雷鳥沢キャンプ場です。ずいぶん低いところにあるんだな。
ご覧のとおり平らな(岩ごつごつでない)サイト。テントもまばらです。これは狙いどおりで、初めてのテント場にはちょうどいい感じです。
IMGP4942.jpg

管理棟に行って、2泊分のお金を払います。2泊以上は何泊でも2泊分だとか。
もしかしたら明日は終日山を眺めてのんびりするかもしれないので、管理棟や水場から遠くて、山に近いほうにテントを張りました。
IMGP4947.jpg

14時半。テントも張り終わって、今日の行動はこれでおしまいです。
nice!(60)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

そうだ、テント泊に行こう [山歩き]

<記事カテゴリーに「山歩き」作りました>

タイトル、ずいぶん使い古された言い回しですが・・・今回の旅の前置き、ちょっと長くなりますがご承知おきください。

今年から8月11日が「山の日」っていう祝日になったことで、お盆休みに使う有給休暇が1日少なくてすむようになりました。正味5日の中・四国旅行も、たった2日の有給休暇取得で行けるようになったんですね。

そんなわけで、お盆に使わなかった休みを使って、夏休みPart2を9月上旬に取ることにしました。9月は子どもたちは学校があるので、この時期は自由な一人旅ができるんですよね。

さて、この休みから遡ること約3ヶ月。
何気なくネットをうろうろしていたら、ANAの安いきっぷがあることに気づきまして、衝動的に「稚内→東京」の便を取ってしまいました。なんと約8000円。ふつうに買ったら5万円くらいしそうです。道内をがっつり走ってもいいし、島に帰ってもいいし。そんな感じでした。

しかし、今年の北海道はもともと天候不順だった上、8月末の台風10号がちょうど9月上旬に北海道に上陸しそうな勢いでした。実際それで道内は大きな被害が出てるんですが、島にも渡れなさそうだし、道路も雨で通行止めだと困るなぁ、と、すっかりやる気をなくしてしまいました。

代わりに、週間予報を見てずっと晴れマークがついていた沖縄に行くことにしました。

去年宮古にいったんですが、去年もホントは本島を走ってみたいな、というのがあったんですよね。そのリベンジです。
先ほどの稚内便ですが、4,800円払ってキャンセルして、ランドナーを整備して、那覇に行く安い飛行機も確保しました。

そして往路の航空券の支払いも終えた出発前日の天気予報・・・
000_telop_aftomorrow.jpg
全国どこも晴れで、沖縄本島だけ雨ってなんだよ・・・
こりゃだめだな。。
子どもたちには、「お父さん、水着のおねーちゃん見たいとか思ってるから雨になるんだよー」とからかわれます。

出発当日の天気予報に期待しましたが、もっと悪くなってます。天気図を見ると、沖縄付近に熱帯低気圧が発生したようです。(これが後に台風12号になります)

DSCF5974.jpg
ということで、支払ったばかりの切符ですが、出発数時間前にキャンセルです。
さようなら、沖縄。悔しいけどキャンセル料6千円・・・
あと1日早く雨の予報を出してくれたらよかったのに。

---------------
ここで、頭の片隅にあった第3のプランが浮上してきます。
山の「テント泊」です。

これまで、自転車でのキャンプは数多く経験してますが、山のテント場は未経験なのです。テント場どころか、山小屋に泊まったことだって、一度富士山であるだけ。その小屋泊、2人で布団1枚分のスペースなうえ、いっしょに登った仲間の女の子が隣だったので、高山病でもないのにドキドキしちゃって寝れなかったですよ。大学生の時です。若かった。

で、何の話だったかな?
閑話休題。
山のテント場って、岩ごつごつの涸沢とか、稜線上(?)にある狭そうな燕山荘とか北岳肩の小屋のイメージがあって、テント張りにくそう、混んでそう、風強そう、とかいうふうに見えて、敷居が高かったのです。

でも、いつもnice!押し逃げ(すいません・・・)させていただいている山のブログで、平坦で広くて地面が土になってるテント場に泊まっている記事を目にしました。

ここなら自分でもテント張れるんじゃないかな。

ちょうど週の半ばの平日。天気は安定。夏休みも終わり、紅葉には早い時期なので、テント場も空いてそうです。初めてのテント泊の練習にはもってこいの条件です。

ということで、沖縄行きのカバンから水着とサンダルを出して、代わりにキャンプ道具や防寒具を突っ込みます。
持っているのが30L程度のザックなので、シュラフもテントも入らず、ストラップでザックの外側に付けていきます。折り畳みの水筒も持っていないので、空のペットボトルを持参します。

そして、今回は平日に一人で出かけるので、現地まではミラで行くことにしたのですが、エンジンをかけたら「カチカチカチカチ・・・・」と軽い音がするだけでかかりません。
バッテリー上がってるし。

P20161007.jpg
とりあえずプジョーを寄せてジャンピングしてエンジンをかけます。
現地でバッテリーが上がると困るので、そのままエンジンを止めないようにして自動車用品店に向かい、バッテリーを交換してもらいます。またお金が・・・

そして、晩ご飯を食べ、子どもの勉強を見たりしたあと、深夜に出発です。
ガソリンも入れて、さぁ行くぞ!
DSCF5975.JPG

キャンセル代とバッテリー代で予定外のお金を使ってしまったので、国道20号線で信州へ向かいます。走り慣れた道です。相模湖1:00→大月1:30→甲府昭和2:00→富士見峠2:50と進み、諏訪湖畔でちょっと休憩。
IMGP4902.jpg
街明かりない場所じゃないんですが、オリオン座がキレイに見えました。

ちょっとゆっくりしすぎたので、塩尻峠を越えて3:45、塩尻ICから安曇野ICまで400円ほど使って15分でワープし、安曇野IC近くの24時間営業のスーパーに車を停めてちょっと仮眠します。
DSCF5989.jpg

が・・・・
DSCF5990[1].jpg
しまった、寝過ごした!
ガンガンに明るいじゃないですか!それも快晴!
食料品を買い込んで、あたふたと出発します。
(つづく)

nice!(70)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

丹沢表尾根ハイキング [山歩き]

もう二十数年前の話ですが、信州のどっかの峠道を走りに行こうと、輪行袋を担いで中央東線の「441M」という夜行の鈍行列車に乗り、明け方小淵沢駅のホームに降りたところ、偶然高校の同級生に会いました。大学の山岳系のサークルに入っていた彼女、これから八ヶ岳に登りに行くとのこと。自分はこれから○○峠に行くんだと話したところ、

「うちら、峠はスタート地点だからね」

と。
別に向こうも自転車乗りをけなすつもりはなく、こちらも劣等感とかそういう感じではないんですが、早朝の薄暗いホームで聞いたその言葉がすごく印象的で、いまでもそのシーンとともに忘れられないんですね。そのコのことが忘れられないわけじゃないんですが(それはどうでもいいか)。

--------------
で、やってきたのは、ロード乗りの皆さんが大好きなヤビツ峠です。
名古木交差点からのタイムは約30分でした。
DSCF5735.jpg
さすがバスは速いというか、ここを自転車で30分台で登る人って速すぎ。
バスは登りの追い越しだけでなく、コーナーの先に降りてくる自転車を見ると、手前で止まって待ってたりして、相当気を遣っているようでした。

ここから、標高1490mの塔ノ岳を目指す表尾根縦走コースを歩きます。
コース案内はこちら
http://www.kankou-hadano.org/hadano_mountain/mountain_o2js.html

この夏、南アルプスのどっかの高い山に登るカミさんがトレーニングがてらちょっと山に行くのでついて来いと言われ、夏の丹沢なんか暑いしヒルも出そうでやだなと思いつつ、たまには骨に重力かけないとな、と、きちんとヒル剥がしの食塩持参でついていったところです。
実は夫婦で山歩きなんて新婚旅行以来だったりしまして、ようやく子供たちを放置して二人で山に行けるようになったのか・・・とちょっと感慨深いところがあります。ちょっとだけですが。

最初20分ほど裏ヤビツの舗装路を歩いた後、山道へ。
登りの途中で振り返ると大山がきれいに見えます。
DSCF5743.jpg

が、二ノ塔から先は雲の中に入ってしまいました。展望も何もありません。それに強い南風。
トレーニングですから、とおしゃべりしながら淡々と歩きます。
歩きは話ができていいですね。何を話したか全く覚えてないんですが。
DSCF5755.jpg

鎖場もあります。ちょっとだけですが。ここは下ります。
DSCF5776.jpg

こんなところもあります。道はよく整備されてます。天気のいい春秋は人がすごいんでしょう。
DSCF5777.jpg

白い花がたくさん咲いていました。
DSCF5780.jpg

幻想的な森の中の散歩道(?)って景色も悪くない。
コースは登ったり下ったりなので、大山の直登と比べるとあまり疲れない気がします。
DSCF5785.jpg

バス停から3時間半ほどで塔ノ岳に着きました。もちろん展望はありません。
この日、下界では35度くらいまで気温が上がったそうですが、ここは別世界。休憩中はレインウェア着てないと寒いくらいでした。
DSCF5791.jpg

サクッとお昼を取って、大倉尾根を2時間半ほどかけてバス停まで降りていきました。標高差は1200mほど。
この尾根、「バカ尾根」って呼ばれるそうですが、由来はよくわかりません。
DSCF5794.jpg

帰りの小田急の渋沢駅から見ると、雲は少し取れてますね。あはは。
DSCF5802.jpg

というわけで、久しぶりの夫婦でのハイキングは終了。
やっぱり山歩きは下りはきついなー。
これくらいなのに、下る途中で膝は痛くなるし、1時間も降りてると飽きてきちゃって。
そこが克服できないと山歩きは厳しいな、というところでした。

nice!(57)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

丹沢大山 2016年 [山歩き]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2016-01-03 (元記事URL)

皆さま、あけましておめでとうございます。
--------------------------------------------------------
さて、毎年の恒例行事ですが、大山阿夫利神社への初詣も兼ねて、家族で丹沢大山に登ってきました。

バス停からケーブルの乗り場まで「こま参道」を歩いていきます。
DSCF4917[1].jpg

ケーブルカーは昨秋新しくなりましたが、乗らずに歩きます。
ケーブル乗り場の先で、「男坂」「女坂」が分かれます。今年目新しい案内板ができていました。
DSCF4919[1].jpg

男坂はこんな石段が続きます。
DSCF4922[1].jpg

30分ほどで大山阿夫利神社下社着。
神社にお参りをした後、更に山頂目指して登ります。
DSCF4923[1].jpg

今年は温かい日差しの中を歩いていけます。例年になく温かく、普段はこのあたりにもでかい霜柱があって、ざくざく潰して歩くんですが、今年は標高1000m以上にならないと霜柱が立ってませんでした。
DSCF4926[1].jpg

下社から1時間半ほどで山頂着。
一番下の6歳の子がだいぶパワーアップしたので、昨年より30分マイナス。大人の標準タイムくらいで登れました。毎朝時間がなくて幼稚園まで小走りで行くので(笑)、その成果が現れたようです。
DSCF4941[1].jpg

今年もラーメンの昼食です。
DSCF4944[1].jpg

ちょっと霞んでますが、広い関東平野が眼下に。
DSCF4946[1].jpg

そして、裏手に回るときれいな富士山。
しかし、今年は富士山が黒い。雪が少ないです。
DSCF4949[2].jpg
こうして今年も素晴らしい眺望に恵まれた年始の登山でした。

ちなみに、昨年「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に大山が掲載され、阿夫利神社(山頂)からの眺望が2つ星を取ったということです。
そのため案内板の整備がされたんでしょうね。
---------------------------
今年は自分の足でどんなところに行けるかな?
どんな景色に出会うことができるかな?
そういう行った場所や景色を今年もテキトウに載せていきたいと思います。
なかなか皆さんのところにコメントを残せないし、いただいたコメントのレスも遅くて申し訳ありませんが、本年もよろしくお願いいたします。

nice!(82)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

乗鞍岳サイクリング+α(その2)乗鞍岳登山 [山歩き]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-09-10 (元記事URL)

自転車で標高2700mの乗鞍・畳平に登ってきました。
IMGP2224.jpg
ここまできたので、標高3026mの剣ヶ峰まで登ってみます。フラットペダル+普通の靴なのでぜんぜん問題ありません。

地図によれば、駐車場からは1時間半くらいで登れるようです。意外と時間かかるな・・・
自転車の奥に写っている歩道をてくてくと歩いていきます。

IMGP2229.jpg

摩利支天岳の脇の林道のような整備された道を歩いていきます。
目指す剣が峰は目と鼻の先です。
もしこれが自転車だったら、まだあんなに登るのか!と思うんですけどね。
IMGP2233.jpg

雪渓部分を拡大。
スキーをしている人たちがいます。
IMGP2235.jpg

25分ほどで「肩の小屋」へ。
ここからはざくざくした石ころの上を歩いていきます。人が多い。
IMGP2237.jpg

登山中に振り返ってみます。ドームが乗っかっているのが国立天文台のコロナ観測所です。
IMGP2238.jpg

雲が出てきちゃったな。残念。
IMGP2247.jpg

山頂からちょっと下にある「頂上小屋」です。
IMGP2250.jpg

どちらへ向かうのかわかりませんが眺めの良さそうな道が延びていました。
IMGP2261.jpg

肩の小屋から30分ほどで山頂着。駐車場からも1時間かかりませんでした。普通の親子連れで1時間半くらいかしら?
山頂は「剣ヶ峰」の看板と記念撮影をする人たちで渋滞。
御嶽山方面は雲で何も見えませんでした。
IMGP2266.jpg

北アルプス方面も雲がかかってます。眺望を期待したのに残念ですが、まあ良しとしましょう。
IMGP2254.jpg

頂上はさくっと切り上げて、少し降りた小屋でコーヒーをいただきます。幸せ^^。
「時間あります~?」と聞かれて、ぜんぜん大丈夫ですよ、と答えたら、とても丁寧にドリップしていただきました。美味しかった。
IMGP2272.jpg

眼下には、自転車で登ってきた乗鞍エコーラインがうねうねと見えています。
IMGP2276.jpg

やっぱり雲は晴れなかったな・・・
IMGP2278.jpg

というわけで、来た道をざくざくと歩き、50分ほどで駐車場に戻りました。

nice!(56)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行