So-net無料ブログ作成

キャンプ@猿払村(2014北海道09) [2014北海道旅行]

浜頓別から北へ30km、宗谷岬とのちょうど中間くらいの「道の駅さるふつ公園」にキャンプ場があります。10数年前に整備された新しいキャンプ場です。
http://www.vill.sarufutsu.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000358.html

着いたのは17時前。
早速、道の駅管理棟で受付をしようとしたところ、

 「風が強いし、夜は荒れるという予報。
  ここは遮るものがないので、南へ30キロほど、浜頓別にキャンプ場があって、そちらをお勧めします。」と。

 今浜頓別から走ってきたし、自転車だからもう無理なんですけど・・・

と言うと、「テントが風で飛ばされても自己責任でお願いします」、との念の押しようでした。

DSCF6790.jpg
そんなわけで、ほんのわずかな障害物と言えるトイレの風下(笑)にテントを張りました。
確かに風は強い・・・
隣のBMWの単車の方にハンマーを借りて、ペグをがっちり差し込みます。
天北峠や浜頓別で会った秋田の自転車の大学生もいらっしゃいました。

ホントに遮るものはなさそうです。
周りは牧場、道路挟んだ向かいはオホーツク海、という、夕日も朝日も(晴れれば)素晴らしそうなロケーション。
DSCF6793.jpg
とにかく広い。
子どもは秋田のお兄さんを誘って(?)持ってきたボールでサッカーをしてましたが、広くて思いっきり蹴れたそうです。OPUSのシクロクロスに乗ってた方、お疲れのところどうもありがとうございました。このブログは見てないと思いますが、この場を借りてお礼を・・・

その広いフィールドを横切ったところに「憩いの湯」があります。
昔温泉だったそうですが、枯渇しちゃってただのお風呂になってしまったようです。
ま、自分としてはどっちでもいいですけど。
地元の人が車で気軽に入りに来るのか、けっこうにぎわってました。
DSCF6792.jpg

みんなわずかな構造物に寄り添ってテントを立ててます。
DSCF6794.jpg

「道の駅」に食堂はあるのですが、やはり最初は自炊します。
お米は2合きっちり炊いて・・・
DSCF6796.jpg

レトルトカレーです。
DSCF6802.jpg

オホーツク海の向こうから月が出てきました。
これなら天気大丈夫だろ、と思ったんですが、夜中にザーザー降りの雨になってしまいました。
今年も雨キャンプかぁ・・・・風も止まないし。
DSCF6806.jpg

翌朝。
飛ばされもせず浸水もせず。
風にバタバタとはためく濡れたフライシートを見て、正直ホッとしました。
DSCF6810.jpg
このヨーレイカのテントは20年近く前に買ったもの。(スカイライトS-2)
ポリウレタンの防水生地は劣化してべたつき、シームテープはほとんど剥がれているんですが、雨漏りなかったです。まだ当面使えるな。

2番目の子は記念すべき初キャンプでしたが、強風でテントが飛ぶと脅され、夜はザーザー降りの雨、と、貴重な体験だったことでしょう。もちろん無事だったからこう言えるんですが。


nice!(55)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 55

コメント 2

joyclimb

強風と雨の中のキャンプ、無事で何よりです。
by joyclimb (2014-09-27 16:38) 

えすぷれそ

>joyclimbさん
 古いテントでも意外としっかりしていました。
 とは言っても風雨強い中のキャンプは避けたいですねぇ^^;
by えすぷれそ (2014-10-01 02:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0