So-net無料ブログ作成
ドライブ@307SW ブログトップ
前の15件 | -

南東北3県ドライブ(3) [ドライブ@307SW]

飯豊から寒河江へ北上していく「クルマで行きます」OFF会の皆さんを見送った後はまた一人旅。
お土産を買って13:45頃道の駅を出発、県道250号→8号→4号ときれいな紅葉を見ながら、国道121号線へ出て、会津若松へ。
IMGP2020.jpg

IMGP2022.jpg

IMGP2023.jpg

121号大峠道路。
トンネルができる前に自転車で越えたかった峠道。叶わなかったな。
IMGP2025.jpg

いや、トンネルでもいいから自転車で越えたいこの紅葉。
クルマで通り過ぎてしまうのはもったいない!
IMGP2026.jpg

15:00、会津若松市街地の西側を迂回します。
IMGP2030.jpg

ずっと晴れていたけど、厚い雲が垂れ込めてしまっています。
IMGP2031.jpg

県道131号線へ入り、古い街並みで有名な大内宿に向かいます。
割と広めに整備された山道です。
IMGP2037.jpg

大内ダムの上から。あれだな。
IMGP2039.jpg

ダムの坂を降りたところに無料駐車場があったので、16時前、車を停めて数分歩くと茅葺屋根の集落に入ります。
写真右手、急な階段を登っていくとこの集落を見下ろす展望スポットになります。
IMGP2041.jpg

IMGP2046.jpg

IMGP2050.jpg

IMGP2051.jpg
なんだかここだけこういう風にきれいに残っているのも、映画のセットが残っているというか1/1模型みたいな感じだなという印象。観光客(自分もだけど)も多かったので、ますますそんな感じ。白川郷の第一印象と同じですね。

では帰ります。
IMGP2060.jpg

日は落ちてしまったんですが、このあたりも一面の紅葉でした。やっぱり車だとなんか紅葉が流れて行ってしまってるみたいだな。
IMGP2065.jpg

大内宿16:30→田島17:10→R400交点17:35→那須R4交点18:15
IMGP2067.jpg

若干渋滞していた国道4号線を、→矢板18:40→宇都宮19:10→五霞20:20→R16交点20:30と下道で走り、20:50、岩槻ICから高速へ。
IMGP2081[1].jpg

久しぶりの首都高川口線。
でもここを走るとなんとなくホッとします。
IMGP2087.jpg

出発から帰宅まで約23時間、890kmの楽しい日帰りドライブでした。
10月下旬の東北は良かったです。
nice!(61)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

南東北3県ドライブ(2) [ドライブ@307SW]

クルマで行きます」OFF会に向け深夜の国道4号線を数時間かけ北上、早朝集合場所のみちのく公園に到着し、そこでしばし仮眠(のつもりが爆睡)。

8時前に目を覚ますと、すでに2台ほど来ていたので、散らかりっ放しの車内から抜け出して、寝ぼけまなこでご挨拶。

徐々に参加者が増えていき、これでほぼ勢ぞろい。
フィアット、アルファロメオ、プジョー、ルノーとラテン車三昧。
IMGP1931

走りやすく適度なアップダウンとコーナーの連続する広域農道をゴキゲンなペースで走って行きます。
IMGP1944

IMGP1948

ときにはこんな細い山道も。
IMGP1953

IMGP1957

山形県に入ります。
IMGP1975

IMGP1977

休憩@瓜割石庭公園
IMGP1984

元「石切り場」ですね。
なんだかまったりできる不思議な場所でした。
IMGP1982

サソリマークは憧れなのだ。
IMGP1988

順番を入れ替えて第2部(?)
IMGP1995

IMGP2003

まもなく道の駅いいで。
IMGP2007

たぶん走っただろうルート。
map2[1].jpg

ここから後半は皆さん寒河江まで北上していくのですが、さすがに横浜から遠ざかってしまいます。
自分(ともう一人の関東からの参加者)は昼食のあとここで離脱となりました。

nice!(78)  コメント(3) 
共通テーマ:旅行

南東北3県ドライブ(1) [ドライブ@307SW]

先日ですが「クルマで行きます」というブログのOFF会に参加してきました。
主催のacatsuki-studioさん、ご参加の皆さん、ありがとうございました。
IMGP1948

------------------------------------------------------------------------
今乗っている青いプジョー307SWですが、いいなと思ってから実際に手に入れるまで数年のタイムラグがあったので、その間雑誌やwebサイトをいろいろ見ていました。そんな中で、ドライブフィールからトラブル、メンテまで詳細にレポートしていたのが、今回のオフ主催のacatsuki-studioさんが作っていたwebサイト。

要は、自分の「師匠」(と勝手に思ってる)なんですが、もうこの車も15年落ちだし、今の車に乗っているうちに一度は師匠のオフに参加したいと思っていたところでした。

今回のオフの集合場所は宮城県南部の川崎町です。
しかし、遠い。
map[1].jpg
距離は約400km、高速代7,000円。距離は滋賀の「307号線オフ」と同じくらいですが、首都高の向こうなので東北道は遠く感じます。

とはいえ、東北を訪れる機会はこれまであまりなかったので、いい機会です。
でも、「オフ会で宮城まで・・・」というと、

「はぁ?」

などと言われそうなので、「紅葉を追いかけにちょっと東北に行ってくる」と言って、夜11時前に家を出ました。

IMGP1890[1].jpg
第三京浜から環八、外環道を通って、12時過ぎに草加で高速を降り、国道4号線へ。
このまま時間の許す限り下道で行ってみます。
しかし、「宇都宮88km」って遠いなぁ。
IMGP1892.jpg

でも、圏央道の五霞ICを過ぎると信号も少なくなり、草加から40分ほどで利根川を渡ります。その先は6車線と4車線が断続する高速道路のような道で、ハイペースで走れます。
IMGP1897.jpg

途中給油で1回休憩し、宇都宮を1:40、矢板2:00。
矢板から先は2車線/4車線が断続。NHKの「ラジオ深夜便」で流れる1975年の洋楽を聞きながら、福島県入りし、白河2:45、郡山3:30。
お腹が空いたので郡山の先の本宮で超早い朝食。200kmを3時間半で走れた。
IMGP1907.jpg

ガッツリとガレギュウ大盛なんて食べ、この駐車場暗いから眠くなるかな?と思ったものの、眠くならないので集合場所まで行っちゃおう。

4:00リスタート。
二本松から信号のないバイパスになって、順調な走りで福島4:30。
IMGP1914.jpg

宮城県に入り、5:15、白石ICの先で給油。
IMGP1919.jpg

IMGP1918.jpg

夜が明けます。
結局全部下道で来てしまいました。
IMGP1920.jpg

5時半過ぎ、草加からR4をちょうど300km、大河原で国道を左折し,、県道14号へ入ります。
村田の「蔵の町」をそろりと通過。
IMGP1922.jpg

山には雲がかかってますが、いい天気になりそうです。
IMGP1925

6時前に「みちのく公園」に着きました。
「紅葉を追いかけにちょっと東北に行ってくる」なんて適当に言ったんですが、なんだかちょうどいい感じじゃないですか!今日1日が楽しみです。
IMGP1930.jpg

この先にある集合場所に車を停め、シートを倒して寝袋に入ります。
万が一寝過ごしてもきっと誰かが起こしてくれるだろうな、と思い安心したのか、爆睡してしまいました。

(つづく)
nice!(54)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

瀬戸大橋経由で帰宅 [ドライブ@307SW]

香川県の讃岐うどんやさんの駐車場で突然エンジンがかからなくなったものの、何とか?何故だか?エンジンがかかって、無事車で帰れることに。あとは横浜まで700km走るだけです。
IMGP1458.jpg

14時前に大野原ICから高速に乗りました。正面は讃岐富士(と思う)+オービス
IMGP1460.jpg

高速に乗って20分ほどで瀬戸中央道に入り、瀬戸大橋へ。
こんな水面から高いところなのに、ガードロープもなく、ぶつかるとすぐに破けてしまいそうな柵。恐くてたまりません。早く通り過ぎたいけど恐くてスピードも出せません。
IMGP1464.jpg

しかし、ただ通り過ぎるのはもったいないので、与島PAへ。
IMGP1469.jpg

青空に青い海に白い橋。通り過ぎる船。
IMGP1470

再び橋を渡ります。
本州に戻り15分ほどで山陽道に合流。
IMGP1475.jpg

瀬戸大橋から2時間、17時前に神戸JCT。
ここから新開通の新名神を走れるのですが・・・なぜか古い中国道+名神経由の方が、渋滞もあるのに所要時間が短い。
IMGP1483.jpg

できたばかりの道路。車は多め。
IMGP1487.jpg

新名神→京滋バイパスから17:45、草津JCT。
新名神経由だと甲賀土山→四日市で渋滞20km。四日市まで1時間50分、豊田JCTまで2時間40分。
旧名神経由だと養老→一宮まで渋滞20km。一宮まで2時間20分、豊田まで3時間。
豊田を通過するのは夜8時半になってしまいます。
IMGP1493.jpg

そのまま名神を走ります。
が、18時過ぎ、ここ、八日市で賭けにでます。
IMGP1495.jpg

名神高速の八日市から、四日市JCTからちょろっと伸びてる新名神の東員まで、国道421号線を使うとショートカットでき、四日市ー亀山ー土山の渋滞を回避できるのではないか、と。
高速代は、大野原から横浜町田を通して走ると12030円、一般道に降りてまた乗ると12370円なので、ほぼトントンです。
map3.jpg

18:20、八日市IC前のeneosウィングで給油。
eneosウィングって一光と鈴与TSが合併したのね。どおりでどこもスタンドでかいと思った。
IMGP1499.jpg

R307と交差してしばらく進むと山道になります。若干細いところもありますが、このように改良済のところは快走。
IMGP1504.jpg

キレイな夕日が見れました。
この後、登坂車線付きのいい道路と長大なトンネルが現れ、スムーズに走れます。
IMGP1505[1].jpg

19:25、三重県側の東員ICへ。距離は40kmほどですが、結局1時間以上かかりました。
もうすぐ新名神の三重県区間が開通し、亀山JCTの渋滞が解消するともうここを使うことはないんだろうな。
IMGP1510.jpg

20時、豊田JCT。
草津からは135分、給油の休憩を除くと120分ほどなので、3~40分短縮。
IMGP1514.jpg

新東名も順調。この日は涼しくてエアコンなしでも走れるくらい。
岡崎SAで軽く夕食を取り、22:50御殿場JCT。
少し残っていた渋滞も自分が通過するころには解消。
IMGP1524.jpg

23:30横浜町田ICに戻ってきました。
港町ヨコハマらしく、光に包まれた客船が長旅の無事を祝福してくれるかのようでした・・・・
IMGP1528.jpg
・・・そんなアホな 笑

帰路の走行距離は1200km超。
IMGP1530.jpg

往復+現地での走行距離2500km、ガソリン約200L・32000円、高速代約35000円。
よく走りました。
nice!(85)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

しまなみ海道 [ドライブ@307SW]

九州→横浜の帰路2日目。
東広島のホテルでゆっくり朝ご飯を食べて、9時前に出発、国道2号線を東へ。
抜けるような青空です。
IMGP1401

倉敷に行きたいと言っていた人が、倉敷も尾道も行かなくていいと言い出しまして、せっかくの天気なのでしまなみ海道へ寄り道して帰ろうと思います。
IMGP1404.jpg

下道を1時間ほどで尾道へ。
ここは橋ではなく渡船で対岸へ渡ろうと思います。
あまり下調べもせず偶然乗り場に入ったのは「福本渡船」さん。「1円ポッポ」の愛称で古くから親しまれている渡船だそうです。
IMGP1406.jpg

しかし、どこで切符を買ったらいいかもよくわからないまま、船に乗ってしまいます。
船に乗ったら係員の人がいて、自分たちの乗ってた人数を見て「370円」と。
え???それだけ?
IMGP1407.jpg

跡で調べてみると、確かに、車100円(運転手込)、大人60円×4人、小人30円で370円。瞬時に計算するとは、さすが。しかし、時代が止まってしまったかのような料金設定ですね。車はたったの40円なのか 笑

あっという間に対岸へ到着。
IMGP1410.jpg

向島島内を反時計回りに、静かな海を見ながら走って行きます。
IMGP1415.jpg

天気はよく、あまり暑くなく爽やかな日。今日自転車に乗ったら気持ちいいだろうな。
IMGP1422.jpg

因島大橋を間近に望む静かな海岸で少し休憩します。
このまま1日ゆっくりしたり、島を転々としたい気もするんですが、今日は横浜まで帰らないといけません。
IMGP1423

西瀬戸自動車道に乗り、さっき見ていた因島大橋を渡ります。
IMGP1429.jpg

多々羅大橋。
これを渡ると愛媛県です。
青空なので爽快なドライブ。
IMGP1433.jpg

そして、つり橋3連の来島海峡大橋。
しかし、どの橋も想像を絶する高さ。車で走っていても恐くてたまりません。ましてや、こんな橋を自転車で渡るなんて、考えただけでも恐ろしいです。
IMGP1436.jpg

四国側から来島海峡大橋を望みます。
IMGP1440.jpg

今治市内はちょっと一般道を走った後、また高速に乗って、松山道へ。
IMGP1447.jpg

IMGP1449.jpg

三島川之江ICで高速からいったん降りて、香川県入り。
IMGP1451.jpg

香川県に入り、最初に現れる讃岐うどんやさんの「武蔵」でお昼にします。
2年前もここに来ました。
IMGP1452.jpg

2年前、「食べればよかった」と思った肉うどんに。
この日は「お客様感謝の日」ということで、中(2玉)が490円(△100円)でした。
IMGP1454.jpg

お腹いっぱいになって、いい気分で車のキーを回します。
が、セルは回るものの、エンジンが点火しません。

イモビライザーが壊れた?と思い、別のキーでかけてみますが、やはりセルは回るもののエンジンはかかりません。

うーん、なんだろう?バッテリーちょっと足りないのかな。古い車だし、バッテリーも数年替えてないからな。
しかし、まさかこんなところで動けなくなるとは。笑うしかないですね。

帰宅費用補償のある自動車保険に入っているので、車はどこかにレッカーしてもらって、保険使ってここからみんなで新幹線で帰ればいいのですが、今度は保険会社の電話がぜんぜんつながりません。

よく暑いとバッテリー上がりが増えるなんて聞くので、じゃあ少し温度を下げたらいいんじゃないか(※科学的根拠はありません)、と思い、ボンネットを開けてエンジンルームに風を通します。
IMGP1456.jpg

さあ、今度はどうだ!とキーをひねると、

無事エンジンがかかりました。
これで何とか帰れそうです。
でも何だったんだろう。。。?
nice!(78)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

北九州から宮島、広島へ [ドライブ@307SW]

九州帰省ドライブ、ここからは帰路編です。
前掲の「マインドマップ」をここでもう一度。
往路は山陰側を通ってきましたが、出雲大社は見れなかったんですね。
map1.jpg

ということで、宮島を目指して11時半、門司インターへ
このまま高速突っ走れば今日中には横浜まで帰れそうな時間ですが、途中の広島県内で宿泊の予定。
IMGP1315.jpg

さよなら九州。
IMGP1318.jpg

いつもは中国道を走って帰るので、山口JCTを山陽道側に向かっていくのは初めてです。
IMGP1319.jpg

子どもたちの誰かが、「こういう(⌒⌒⌒⌒⌒)木の橋見たい」と言っていました。
「見たい」と言われても、まず場所を探して駐車場の場所をチェックして地図の該当ページ折り込んで道順理解しておまけに行程管理もしないといけないし、だいたいお前たちのアッシー君じゃないんだからそんなに気安く言われたって行けねえよ、とちょっとイラッとしましたが、地図を見てみたら高速のインターから割と近いことがわかりました。ナビとかスマホがあればすぐに探せるんですかね。

ということで、途中岩国インターで降りて、10分ほどで⌒⌒⌒⌒⌒の河川敷の駐車場へ。
しかし、子どもたちは橋には興味がないようで、目の前の川で小石を投げたりして遊びだしました。
IMGP1329

まあわからんでもない。川に入るのは気持ちいい。
IMGP1331

錦帯橋見るのは自分も初めてです。青空に映えますね。
IMGP1333

さて、続いては宮島へ。
15時前、山陽道を廿日市インター(?)で降りて、
IMGP1338.jpg

インター近くにあるJA広島病院の有料駐車場に停めて、電車で宮島口へ。宮島口からは船で宮島へ渡ります。
自分「宮島口から船で渡るよ。海から鳥居見れるみたいだし」
妻「遊覧船なんか乗らなくていいけど」
自分「船乗らないと渡れないよ」
妻「( ゜o゜!)えぇっ!江ノ島みたいに歩いて行けるのかと思ってた」・・・

フェリーは2社ありますが、ここはJRのフェリーに乗ります。国鉄宮島航路ですね。
IMGP1342

キレイで静かな海を見ながらの瀬戸内の船旅は楽しいです。
IMGP1344

JRのフェリーは鳥居のすぐ近くを通ってくれます。
IMGP1347

宮島へ。
意外と険しい島だな。
IMGP1352

こんにちは。
シカがたくさんいました。
IMGP1354

IMGP1358

宮島嚴島神社に入ってみます。
IMGP1359

IMGP1369

IMGP1374

宮島は2時間ほどの滞在。
IMGP1392

電車に乗ってJA広島病院前で下車。
子どもたちはこのまま電車に乗って原爆ドームに行きます。
宮島口から原爆ドームまで電車で1本なんですね。50分くらいかかりますが。
IMGP1393.jpg

距離は20kmもないので電車より早く着くだろうと思っていましたが、西広島バイパスが渋滞してたこともあり、電車より時間がかかってしまいました。
IMGP1398

さて、この日の宿は東広島の東横イン。広島でそこだけ空いてました。

東広島っていうので、浦和と東浦和、白楽と東白楽(←これはマニアックですね)くらいの位置かと思ったらとんでもない。新幹線ひと駅分、距離は40kmほど離れています。それに、豪雨の影響でJRが止まっているからか道路はひどい渋滞。結局広島高速→山陽道→東広島道と使って、50分ほど。ビジネスホテル2軒とコンビニがあるくらいの小さな町でした。

まぁ「北広島」に比べればぜんぜん近いんですけどね。
(北広島市は北海道にあります)

nice!(73)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

石見銀山経由、九州へ [ドライブ@307SW]

それでは石見銀山へ。

世界遺産の石見銀山と言っても範囲がいろいろあるようです。
http://ginzan.city.ohda.lg.jp/wh/jp/pdf/04-05.pdf
今回は銀山に隣接して発展した大森地区へ行くことにします。
国道9号線、大田市の市街地の先に行って、左へ曲がって数キロ進みます。
P1220388.jpg

大森地区の外れの車を停められるスペースに車を停め、家族はレンタサイクルを借りて銀山を見学してもらって、その間自分は車で寝ようと思います。いくらブラック企業で若い頃散々徹夜したから慣れてるとはいえ、さすがにちょっと寝ておかないと・・

ということで、銀山の様子はなし。
期待していた方、すみませんです。。。

とはいえ、どうやらいい雰囲気の町並みが広がっていたので、ちょっと車を降りて大森地区の散歩。
IMGP1158

IMGP1169

IMGP1155

IMGP1176

自分はこれで満足して車に戻り、数十分だけ仮眠。
家族が戻ってきて、16時、再び山陰道を西へ。
P1220395.jpg

17:30益田。
国道9号線は津和野・山口市方面へ内陸を通って行きますが、ここから191号線で萩まで海岸沿いを走って行きます。
P1220402.jpg

日が傾いてきました。
IMGP1190

美しい海岸沿いを走って行きます。
IMGP1200

萩からは県道32号で秋吉台方面へ。
IMGP1204.jpg

19:20、小郡萩道路へ。
西日本は日が暮れるのが遅いのを実感します。
IMGP1209

中国自動車道
夕焼け雲に向かって走っているようで、きれいでした。
IMGP1215

20時、ついに関門橋を超えて九州入りです。
IMGP1220.jpg

さて、こうして九州のおじいちゃんちに着いたあとですが、もう一仕事あります。
夜10時過ぎ、鹿児島本線の八幡駅へ。
和田山駅で降ろした二人を迎えに行きます。
予定どおりの電車から無事に降りてきました。
夕日がきれいだった、と。山陰線の旅、そうだろうなぁ。。。羨ましい。
IMGP1223.jpg

横浜から1134km。
まっすぐ走っても1000km以上あるので、山陰を回ってきた割にはそんなに距離は長くない、プラス100km程度なのかな、という感じです。
IMGP1230.jpg

こうして、往路の長い長い1日が終わりました。
nice!(84)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

山陰最古の駅舎を訪ねて [ドライブ@307SW]

さて、前回のコメントで話題となった「鳥取砂丘のオアシス」。
降水量が多いと地下水が湧出してできるそうです。
IMGP1116
「鳥取砂丘レンジャー日記」https://www.pref.tottori.lg.jp/item/395291.htmより

上のリンク先ですが、鳥取県庁には「砂丘事務所」なんていう事務所があるんですね。さすが、知事が「スタバはないがスナバはある」と仰っただけのことはあります。

そして、鳥取と言えば「すなば珈琲」。
スタバが鳥取に進出した際のキャンペーンが大きく報道されていた記憶があって、砂丘のあたりにお店を出していないかなと思ってちょっと探してみたのですが・・・
IMGP1128.jpg
残念、開店前。

ということで、先はまだまだ長いので、9:20砂丘発。9号線を西へ進みます。
交互通行の無料の高速と一般道が入り混じっていて、時間がかかりそうです。
米子まででも100kmあるのかぁ。
P1220357.jpg

美しく静かな日本海を眺めながらのドライブです。
P1220359.jpg

山陰のハワイ。
平成8年に旧羽合町がハワイ郡と姉妹都市提携、合併後の湯梨浜町になっても交流を続けているそうです。(広報ゆりはま 2016.8
P1220364.jpg
 ↑ 「愛が足りない」と言ったら怒られそうだけど・・・

鳥取県も西の方へ行くと大山が見えるんですが、残念、雲がかかっているようです。
P1220370.jpg

さて、ツーリングマップルを見ていたら、
「懐かしい雰囲気、山陰最古の駅舎」
なんて文字があります。
山陰道の名和インターを降りてすぐのようなので、ちょっと寄ってみました。
B55DD87C-EC50-4521-9569-774AF588C06C[1].jpg

JR御来屋駅。
山陰地方最初の鉄道が、1902年(明治35年)、物資の荷揚げ港であった境港からここ御来屋までの区間で開通したのですが、その時の駅舎が現存。
IMGP1134

暑い日でしたが、駅舎は風が通って居心地は悪くない。
自分ひとりだったら、日程に余裕があるなら、ここでぼーっとしたい。
IMGP1144

向こうのローカウンターは小荷物預かり用だそうです。
IMGP1135

来た電車は近代的な車両。
和田山から鈍行列車で移動している子どもたちは、まだここまでたどり着いていないようでした。
IMGP1140

IMGP1132

IMGP1142

あまりゆっくりもしてられない。
山陰道は米子から先は有料になります。
が、どこからどこまでが有料か無料か、よくわからないまま西へ。
P1220375.jpg

12:30、出雲市からはまた下道の9号線になります。
まっすぐ行くと出雲大社なんですが・・・
出雲大社と石見銀山、時間的にどちらか片方しか見れそうになかったので、今回は交通アクセスの悪そうな石見銀山を選び、出雲大社はまたの機会へ。子どもたちが「縁結びの神様」のお世話になるのはまだ先でしょうし。
P1220378.jpg

こんな海のそばに線路が通ってて駅があるなら、鈍行列車で旅したらすごくいいだろうなぁ。あぁ、いいなぁ、と思うような山陰本線を横目に国道を走って行きます。
P1220382.jpg

13時。出発してから850km。
大田市街地に近い道の駅「ロード銀山」でお昼にしました。
IMGP1150.jpg

つづく
nice!(73)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

鳥取砂丘へ [ドライブ@307SW]

お盆休みに九州へ行ってきました。
今回も車です。
子どもたちは大きくなったので、もう親といっしょになんか行かないだろうと思ったんですが、みんな九州に行きたいと言い出しました。子どもたちは大きくなったけど車はそのままだから狭かろうに・・・

ちなみに、新幹線で横浜から北九州まで往復すると、一人約4万円かかります。ということは、6人家族で小学生1名なので、電車賃だけで22万になるんですねぇ。こんだけあれば、すごくいいホイールが(以下略)

さて、
車での九州行きだと、これまでは1000kmひた走ることが多かったのですが、

「東京に出てから九州と東京の往復ばかりで、途中の広島も倉敷も見たことがない」

というカミさんの意向も踏まえ、みんなの行きたいところを募ってみたところ、こんな感じになりました。
map1.jpg
これ、「中国地方」ってだけで、ぜんぜん途中じゃないし。更には、「18きっぷで山陰線経由で九州に行きたい」なんて言い出すのもいて、なんだかブレストとかマインドマップとか使った挙句収集つかなくなった打ち合わせみたいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
全部は無理だけど、行けるところは行けるように努力しますよ。
ということで、夜21:15に横浜町田インターを入り、夜の東名を西へ。
P1220303.jpg

23時に掛川PAで休憩、0:15豊田JCT通過、1:15甲南PA
IMGP1081.jpg

京滋バイパスから、初めて通ることになる京都縦貫道に直進し、2:25、丹波で高速を降ります。
P1220324.jpg

ここですね。
map2.jpg

ここからは国道9号線の旅になります。夜中だから何も見えませんが。
P1220327.jpg

3時過ぎ、福知山で給油。
ここまで約520km、リッター13km以上を記録(普段の倍です)
IMGP1084.jpg

途中コンビニ駐車場での休憩をはさみ、朝5時、山陰本線の和田山駅へ。
ここから、一番上の子といちばん下の子が18きっぷで九州へ向かうため下車。
IMGP1092.jpg

この駅には古い機関庫が残されています。屋根はみんな落ちてしまってますが。
IMGP1095.jpg

この和田山ですが、雲海の上に浮かんだように見える「天空の城」と呼ばれる竹田城が近いそうです。
というか、竹田城ってこんなところにあったのか!と今更知ったところです。
車で15分くらいだったので、城が見える「立雲峡」に行ってみましたが、雲海が濃すぎて、上どころか真っ白で何も見えなかったので、すぐに撤収。時間もあまりないので先に進みます。

でも少し待ってればよかったかな・・・
P1220340.jpg

交通量の少ない国道9号線を鳥取に向かいます。
P1220344.jpg

「新温泉町湯」
町の名前もすごいけど、「湯」という地名もすごい。
P1220349.jpg

鳥取県へ入り、和田山から1時間半ほどで鳥取砂丘へ。
P1220353.jpg

駐車場から階段を上がると、いきなりこんな広い景色が広がっていました。
IMGP1097

近づくと意外と砂山は高い。
IMGP1121

砂山の向こうには海が広がっていました。
遮るものがないからか、風が強いです。
IMGP1108

IMGP1114

じりじりじり・・・
IMGP1113

水が流れ込んでるところがありました。まるで「砂漠の中のオアシス」。
IMGP1107

IMGP1122

雄大な自然の造形美。なかなか見応えありました。(つづく)
nice!(78)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

木曽駒・桂小場へ [ドライブ@307SW]

「桂小場」でピンとくる方はけっこう山好きな方なのかなと思うのですが、残念ながら今回は登山記ではありません。というのも、春先に痛めた膝、一進一退のまま夏を迎えてしまいました。

自転車に乗るくらいなら大丈夫なんですが、体重がかかる階段の昇り降りにはいまだに違和感があります。去年はあんなにガシガシと山を歩いていたのに、今年はそんな気も起きません。寂しいですが、しょうがないですよね。

梅雨明けが早かった今年。そんな自分を尻目に、夏山行きたくてウズウズしているうちの人から、3連休の直前にメールが来ました。
DiMZxBGU8AAfG7R.jpg

「宝剣山荘取れちゃった!送っていただけると大変助かります!」

たぶん一般常識的には最寄り駅まで送ってくれということなんだろうけど、メールの趣旨は

「登山口まで送れ」

です。

木曽駒ケ岳の登山口のある駒ヶ根までは横浜から約250kmあります。「山小屋予約取れたから送れ」と気軽に言うにはちょっと遠いですね~。
map.jpg

「登山口まで送」るというのは、ひと様のお金(=自分の小遣いでない)で車で遠くまで行けるという楽しみだけでなく、道順や駐車場、途中の補給(コンビニ)、登山口の選定まで関われるという意味で、なかなか楽しい仕事です。自分が山に登るかのようにワクワクします。アッシー(死語)天職かも。

木曽駒ケ岳に登るには千畳敷までバスとロープウェイで、というのが一般的なようですが、繁忙期にあっては、未明からバスに並ばないといけないなどという噂も耳にします。送るだけならいいけど「寝てるからバス停にならんどいて」なんて言われるのは嫌だなー。

それに、せっかく車で行くので、公共交通機関でのアクセスの悪い登山口から、早朝に登り始めることができるといういい機会。
と思って地図を見ていいなと思ったのが、表題の「桂小場」から登っていくルートでした。
この「桂小場ルート」は、ロープウェイができる前のメインルートで、大正時代には学校登山での遭難事故も起きているようです。
IMG_2106[2]
登山口は標高約1270m。山頂まで約6時間半、標高差は約1700m。
「山のグレーディング」を見ると、千畳敷からの登山だと「2」となっている「体力度」ですが、「5」と、上高地から涸沢、広河原から北岳と同じようなランクになっています。まぁ自分が登るわけじゃないからいいんですけどね(笑)
https://www.pref.nagano.lg.jp/kankoki/sangyo/kanko/documents/yamanogure-dexingu_matrix-20180411.pdf

眺めもよさそうだし道も悪くなさそうだし、下から自力で登るのも悪くないんじゃない?と提案したらあっさり了解。自力で登るというお母さんに賛同した男の子2人が帯同することとなりました。
いやぁロープウェイ代3人分は高いから助かるなーとちょっと思ったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ということで、夜9時半過ぎ、伊那に向けて出発です。
1人で行く時と違ってガソリン代も高速代も「家計」から出してもらえそうなんですが、いつものとおり大月からR20で信州へ向かいます。
DSCF9385.jpg

1時過ぎ、茅野から杖突峠を回って行きます。
前方、自転車のライトが見えますが、宇都宮から伊那のブルべ(BRM宇都宮600km伊那)だったようで、深夜に峠越えをしている人たちを多数見かけました。しかし、杖突峠の次に麦草峠を越えるなんて想像を絶します。
DSCF9389.jpg

2時前に伊那市まで到達。コンビニ駐車場で仮眠を取り、明るくなってから細い山道を登山口へ向かいます。
DSCF9393.jpg

朝5時ですがたくさんの車が止まっていました。路肩に停めてる車も多数ありました。
IMG_2005.jpg

DSCF9395.jpg

DSCF9396.jpg


頑張ってちょ。
DSCF9399

では帰ります。

【アッシー君】
送り迎えをしてくれる男性。電話1本で呼び出され、目的地へ着けば帰らされる。
http://www.uranai-plus.com/100014-bubbly/(バブル時代のバブリーな恋愛劇)


「目的地に着けば帰らされる」ってまさにそうですね。あはははは・・・

今日はいい天気になりそうです。いいなあ。
DSCF9402.jpg

まだ朝6時前。
家に置いておけないいちばん下の子を連れてきたので、途中車を停めて、二人で電車に乗って・・・
DSCF9408.jpg

小淵沢駅へ。
駅舎の窓から八ヶ岳が見えるカッコイイ駅になりました。
IMG_2013.jpg

駅そばも健在。
DSCF9413.jpg

「甲斐」駒ケ岳は雲に隠れてました。残念。
DSCF9416.jpg

車に戻って八ヶ岳山麓を走り、今は大きくなってしまった子どもたちがよく遊んだ甲斐小泉の公園で子どもと遊んで帰りました。
DSCF9426.jpg

しかし、甲府盆地は暑かったー
43738207932_b35f0caf0d_o.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、登山組ですが、眺望の良い稜線をゆっくり6時間半かけて無事山頂着。
山小屋は3連休にも関わらずそれほど混んでなかったようです。

nice!(75)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

雨の山道に迷い込んだ [ドライブ@307SW]

IMGP3179.jpg

IMGP3187.jpg
11月上旬の神奈川は紅葉はまだまだって感じです。

IMGP3205.jpg


nice!(47)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

307の日!1000kmドライブ(その2) [ドライブ@307SW]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-03-22 (元記事URL)


(その1)はこちら

DSCF4008.jpg
さて、大阪枚方のR307終点まで来ました。
これは交差点から数メートルのところに立っている「おにぎり」ですが、これを確認してすぐに折り返します。
枚方自体には何の用事もありませんので・・・
16:15、帰路スタートです。

16:45山城大橋までR307を戻り、橋を右折してR24を南下します。

続きを読む


nice!(52)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

307の日!1000kmドライブ(その1) [ドライブ@307SW]

http://expreso.blog.so-net.ne.jp/2015-03-21 ※元記事のURLです

3月7日って、プジョー307に乗ってるとちょっと特別な日って感じがします。ただの語呂合わせなんですけどね。
そんな日ですので久しぶりに車でがっつり走ることにしました。以下、記録も兼ねて。

横浜町田IC5:30→御殿場JCT6:20で新東名へ。
土曜日でしたが綾瀬の渋滞になる前に出たので道路はがらがらです。
新東名も記念撮影装置ができたようですが、なかなか見つかりにくいご配慮(?)が。 ↓
P1210768.jpg

P1210776.jpg

三ヶ日7:50、豊田は8:20に通過。
P1210782.jpg

9:45、約400km先の彦根で高速を下りました。
P1210789.jpg

続きを読む


nice!(50)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

冬の軽井沢に車で行ってみたら・・・ [ドライブ@307SW]

・・・雪が降ってきました。
DSCF0851.jpg

けっこうマジで路面にも積もりだしました。
DSCF0854.jpg

DSCF0853.jpg

先に山下りてますわ。
帰りは横川まで路線バスで戻ってきてね~と言って碓氷バイパスへ。
DSCF0857.jpg

碓氷バイパス(群馬県側)はほとんど路面に雪なし。融雪剤撒いてるのかもしれません。
DSCF0858.jpg


nice!(69)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

磨く [ドライブ@307SW]

日経ビジネス誌に「年収1000万円世帯の憂鬱」という特集があって、マイカーを維持費がかかるプジョーから国産車に替えたなんて話がちょうど記事に出ていた矢先の出来事。

DSCF2967.jpg
僕ではありませんが、ガードレールと仲良くなったそうです。
このクソ暑い時期に、余計なことを・・・・
(暑くなければいいというわけではありませんが)

こうやって直すのいつも俺なんだよなぁ・・・
目立たなくなればそれでいいので、自力で磨いてみます。
DSCF3011.jpg

いい感じに消えてきました。
DSCF2985.jpg

やった!
DSCF2986[1].jpg
ここまで数十分かかったでしょうか。
一仕事のあとの麦茶がとても美味しく感じられました。


------------------------------------------------------------




nice!(35)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の15件 | - ドライブ@307SW ブログトップ